写真:エレクトーン

寮・下宿のご紹介

イベントスケジュール

学費支援システム

エレクトーン科

Electone エレクトーン科
昼間部・夜間部 【2年制/男女20名】

エレクトーンの多彩な表現技術を多方面から習得でき、かつ高い実績を誇る国立音楽院のエレクトーン科は、業界から最も注目されヤマハ音楽教育システム講師、ヤマハ特約店スタッフ、ブライダル式典プレイヤー等多くの人材を世に多数輩出しています。

グレードから演奏、アレンジまで
エレクトーンの全てを徹底して教えます。

プレイヤー/デモンストレーター

ヤマハエレクトーンELS-02シリーズの登場はエレクトーンの可能性を飛躍的に向上させています。音色と機能の多彩さで楽しさが倍増、抜群の表現力を与えました。エレクトーンと音楽を沢山学んだ国立音楽院生たちの活躍の出番です。演奏家からブライダル・式典プレイヤー、ミュージカル伴奏者など、テレビや雑誌で紹介された卒業生が沢山います。

ヤマハ・システム講師

国立音楽院エレクトーン科からのヤマハ・システム講師合格実績は8年間100%を誇ります。幅広い年齢層の学生からなる学院生活はいわば、社会の縮図。エレクトーン、音楽のみならず、マナーや思いやりの心を学べ、その経験が講師採用試験にも繋がっています。

ヤマハ・システム講師の資格取得試験

① 受験するには、演奏・指導グレードの5級以上の取得が必須です。
② 試験の内容は筆記・実技・面接です。
③ 合格すると、ヤマハで「講師研修」が行われ、指導者として適任者にはヤマハ音楽教  育システム講師として委任契約が交わされます。

ヤマハグレード

エレクトーンやピアノ、他の楽器の演奏、指導技術のレベルを示す基準の一つにヤマハグレードがあります。エレクトーンプレイヤー・デモンストレーターを目指す人、ヤマハシステム講師、音楽講師を目指す人はヤマハグレードの取得が必須で、国立音楽院エレクトーン科では、その受験対策の指導に力を入れています。その結果、全員の学院生が順次、演奏・指導グレードに合格しています。

■ 演奏グレードの試験内容

 課題曲演奏力/自由曲演奏力/即興演奏力/初見演奏力

■ 指導グレードの試験内容

 ソルフェージュ(メロディー視唱、弾き歌い)/鍵盤実技(伴奏付け、移調奏)/楽典、
  和声、コード進行法、聴音

取得可能資格・進路

□ヤマハ・システム講師 □ヤマハ特約店自店講師 □ヤマハ特約店社員-スタッフ
□プレイヤー・デモンストレーター □キーボーディスト
□コンポーザー・アレンジャー □ブライダルプレイヤー
□その他履修科目に応じた資格取得

写真:エレクトーン学校1

写真:エレクトーン学校2

エレクトーン科のカリキュラム一例(必修科目は一例です。)

分類 学科目名 学科概要
必須 実技 エレクトーン ワンツーワン方式で行う楽器の実技レッスン

受講生の目的に適した指導講師が各自のレベルや志向に合わせて指導します。将来の資格取得や目標を見据えた楽器を履修してください。

科目 エレクトーン演奏グレード講座 ヤマハエレクトーン演奏グレード試験対策講座。
ヤマハシステム講師志望者のための
エレクトーンスピードマスター講座
初心者なら1年でエレクトーン演奏グレード5級を目指します。
エレクトーンアレンジ講座 講師、アレンジャー、プレイヤーの仕事で必要なアレンジの技法の基礎を習得します。
グレード3級&EF&YEC向けエレクトーン作編曲講座 ELS-02Cの全機能の取得と、その機能を活かした様々な演奏方法の取得。
エレクトーン機能&奏法講座 エレクトーンの魅力を再認識します
選択 科目 オープンシラバス - 自分が好きで学びたいことを全授業の中から選択
オープンシラバスの詳細

難関突破、継続中! ヤマハシステム講師全員合格連続8 年!

ヤマハ・システム講師全員合格連続8年!ヤマハ・システム講師の合格実績は8年連続100%。国立音楽院エレクトーン科の実績は全国から大きな注目を集めています。月刊エレクトーンにも紹介される「自由」で「活発」な教育環境、一人ひとりに最適な授業、レッスンの充実、豊富なライブは国立音楽院だからこそ。さらに、ヤマハグレードの受験対策にも力を入れ、確かな実績を残しています。生涯エレクトーンで生きていく自信が自然と沸き起こってくるでしょう。

輝く先輩・卒業生の声

エレクトーン科先輩:近藤 彩佳

私立仁愛女子高等学校卒

近藤 彩佳

エレクトーン科では、初心者向けの授業からグレード対策など専門的な授業まで幅広く、自分のレベルに合わせて学ぶことができます。また年3回、素晴らしいホールでエレクトーンライブが行われます。ソロ演奏の他にアンサンブルなど、盛り上がりとても楽しいです。素晴らしい先生方や先輩方、同期に支えられて毎日の学校生活がとても充実しています。将来はエレクトーンに携わる仕事に就きたいと思っています。

エレクトーン科先輩:森 映光子

東京都立飛鳥高等学校卒

森 映光子

国立音楽院は多くの楽器、ジャンルが学べるので、エレクトーンを学ぶ身にとってはすごく魅力的なところです。私がこの学校に入学したいと思ったきっかけは、夏のエレクトーンライブでした。技術はもちろんそれだけでなく、魅せ方も素晴らしく圧倒され、ただただ感動してしまったのを覚えています。学校生活では、先生方や仲間達にエレクトーンの魅力や弾くことの楽しさ、伝え方など、とても大切なことを日々教えて頂いています。

エレクトーン科先輩:嶺山 瞳

県立徳之島高等学校卒

嶺山 瞳

私は、高校までお世話になった先生から聞いたのをきっかけに入学しました。小さい頃から習っていたエレクトーンを、本格的に学ぶチャンスだと思いエレクトーン科を選びました。エレクトーン科では、初心者向けの講座、作曲、編曲、グレード対策など専門的な授業を学ぶことができます。また、年に3回行われるエレクトーンライブ。初心者から経験者、経験は違えどエレクトーン大好き仲間が集まるライブとなっています。上京してからは、エレクトーン仲間が増えた事がものすごく嬉しいし、毎日楽しく過ごしています。将来は、エレクトーンに関わる仕事に就きたいと思って頑張ってます。国立音楽院で一緒にみんなで楽しみませんか? 

エレクトーン科先輩:野沢 祐香里

私立光星学院高等学校卒

野沢 祐香里

私は小さい頃から習っていたエレクトーンをもっと学びたいと思い、国立音楽院に入学しました。この学校はオープンシラバス制で専攻学科以外の授業も選択できることが魅力の一つです。他の学科の方と仲良くなりながら、色々なジャンルを学ぶことができます。エレクトーン科では、編曲や即興、作曲、グレード対策、エレクトーンの操作方法などをやっており、また年に3 回ライブがあります。分からないことだらけで不安も多く、授業やレッスンなど毎日忙しいですが、優しい先輩方や友達に支えられとても楽しい学校生活を送っています。あまり音楽知識のない私でしたが、先生方が一から丁寧に教えてくださり、たくさんのことを学ぶことができました。これからはもっと技術を高めてここで学んだことを活かし、将来はエレクトーンに携わる仕事をしていきたいです。

エレクトーン科先輩:宮下 博美

宇都宮短期大学附属高等学校音楽科卒

宮下 博美

最初はリトミック本科に入学したのですが、小さい頃からずっと習ってきたエレクトーンをもう一度本格的に学びたいと思い、1年目の後期からエレクトーン科に転科しました。作曲や編曲、即興、初見など勉強することがたくさんありますが、すばらしい先生方や優しい先輩、仲間の皆さんに支えられ毎日充実した学校生活を送っています。これからはもっと技術を高め、演奏グレード指導グレード5級4級、ピアノ演奏グレード5級4級の合格を目指して頑張っていきたいです。将来もずっとエレクトーンと関わっていきたいと思っています。

エレクトーン科先輩:杉田 仁美

聖徳大学音楽学部卒

杉田 仁美

4年間在籍していた大学で、音楽を理解しきれず後悔していたところ、国立音楽院を見つけました。他学科の授業も自由に取れる環境に魅力を感じ、より様々な音楽を学んでみたいと思い入学しました。エレクトーン科では、初心者向けのエレクトーンの操作法から、グレード対策、編曲、作曲などを一から学ぶ事が出来ます。また、年に3回エレクトーンライブが行われ、それらは演奏会といったお堅いものではなく、先生も生徒も心から楽しんでハジけています(笑)。将来はエレクトーンに携わる仕事を考えていますが、この学校で様々な音楽を学んでから、エレクトーン以外にも興味を持ち始めています。もっと多くの事を学び、色んな事に対して柔軟に対応出来るようになっていきたいです。

エレクトーン科先輩:山本 祥平

茨城県立勝田高等学校卒

山本 祥平

私は小さい頃から習っているエレクトーンをもっと勉強したい、エレクトーンに関わった仕事がしたいと思い、国立音楽院に入学しました。入学してからは、すばらしい先生方、仲間に出会い、授業やレッスン、ライブなど忙しいですが、毎日が充実していてとても楽しいです。国立音楽院で学んだこと、経験を生かし、将来はヤマハシステム講師を目指しています。

エレクトーン科先輩:清水 ゆかり

長野県立下伊那農業高等学校卒

清水 ゆかり

作曲もエレクトーンも勉強したい私にとって、オープンシラバス制はとても魅力あるものでした。入学当初は、個性豊かな周囲に圧倒されたり、自分の現状に心折れそうなことが何度もありました。しかし、ジャンルや年齢を越えて仲良くなった仲間が真摯に音楽と向き合う姿や、優しくて楽しい先生方の言葉に救われました。ここでの全て出会いは、大切な宝物です。そして国立音楽院には、富岡ヤスヤさんが来ます。ずっとエレクトーンを続けてきた私にとっては憧れのプレイヤーで、学校にいらっしゃる度、毎回が戦いと思い精進しています。残り一年、より多くの人と出会い、宝物を増やしていきたいです。

エレクトーン科先輩:葛西 詠美子

東京音楽大学卒

葛西 詠美子

大学の頃は、クラシック音楽を中心に学んできました。しかし、社会に通用する音楽として、即興、アレンジ、様々なジャンルも知らなければと思いました。プラス鍵盤楽器で、エレクトーンに出会いました。学院生活は、課題やライブなど忙しいですが、計画性が身に付く上、音楽の幅も広がりました。一から丁寧に、そして何よりも楽しく教えてくださる先生方、一生懸命練習するエレクトーン仲間と出会えたことに、感謝しています。

エレクトーン科先輩:盛田 優

長野県立飯田風越高等学校卒

倉田 望美

国立音楽院は、いろいろな授業が選択できるので、自分の専攻学科以外の方と仲良くなることができ、自分が知らないことも学ぶことができます。また専攻学科が違う仲良くなった友達と、エレクトーンライブでアンサンブルをしたり、様々な経験ができます。 先生方もとても優しく、丁寧に教えてくださるので、楽しく真剣に学ぶことができます。

学校見学会

資料請求

入学、学校見学、資料請求に関することなど、
お気軽にお問い合わせください。

学費ローン、新聞奨学生など学費支援制度も多数ご用意しております。
転入学、編入学に関してもお電話でご相談いただけます。

0120-987-349

国立音楽院

〒154-0001東京都世田谷区池尻 3-28-8
Tel(携帯・PHS):03-5431-8085
Fax:03-5430-8020

国立音楽院 南部校

〒683-0322鳥取県西伯郡南部町阿賀 314-3
Tel: 0859-66-6139
Fax: 0859-66-6140