国立音楽院

2020年02月07日

作成したロゴデータをどうやって楽器・エフェクターに載せるの?

  • ギタークラフト・リペア科

ギタークラフト・リペア科の戸田先生から学科日誌が届きました!

以前、オリジナルブランドの屋号とロゴ作成の様子をご紹介しました↓

 

◆ 在学中からギターやベースのリペアマン・ルシアーの仕事へ繋ぐ。オリジナルブランドの屋号とロゴ作成!

在学中からギターやベースのリペアマン・ルシアーの仕事へ繋ぐ。オリジナルブランドの屋号とロゴ作成!

こうして、PC上に作ったロゴデザインをどう使っていくのか。
その後の様子を見てみましょう!

作成したロゴデータをどうやって楽器・エフェクターに載せるの?

クラフトリペア科の戸田です!

先日ロゴデザインの記事を書きましたけども、
今日はそれの続きです。

デザインしたロゴはなんかしらの手段で
楽器やエフェクターに貼り付けねばなりません。

自作でやれる範囲の簡単さで仕上がりが綺麗なのが、
レーザープリンターを使ったデカール印刷。

ギターなどの場合、
トップコートのクリア層を吹く前にデカールを貼り付けて、
クリア層にデカールを埋め込む「塗り込み」という
手法がよく使われてますが、
薄いデカールを使えばこの作業も楽です。

また、いろんな素材にロゴを貼り付けるのもわりと簡単。
デカールだと薄いので境目が目立ちません。

写真は生徒さんがデザインしたロゴを、
ハンダ小手スタンドに貼り付けたところ。

名前を書く代わりに
自身でデザインしたロゴを貼っていくというのも、
なかなか乙なものではありませんか。

こちらのロゴもそのうち楽器屋さんで見るように
なるかもしれません。

その時はぜひお手に取ってみてくださいね。

国立音楽院 LINEからお問い合わせ

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容をタップしてください。