国立音楽院

2018年05月18日

今年度初めてのレコーディング実習

  • ギタークラフト・リペア科
  • ドラムカスタマイザー科
  • プロミュージシャン科
  • 音響デザイン科

国立音楽院ではゴールデンウィーク明けから、本格的に全学科の授業も始まり
音響デザイン科では先日、今年度初のレコーディング実習がありました。

国立音楽院レコーディングスタジオにて、レコーディング用のマイクをセッティングしている履修生10名

演奏に協力してくれたのは在校生と卒業生が入り混じるバンド。

コントロールルームから音を出すブース(スタジオ)を撮影。

色々な楽器を収録しました!

バンジョーやカズー、パーカッションなど
実に盛り沢山でしたね。

バンジョーを構える学生とピースサインの学生

さて、年度の初めからいきなり本格的な内容ですが
初めはわからなくて当然。

先ず、レコーディングってこういう事をやるんだよという作業を体感して
頭にイメージを描けるようにしています。

これからひとつひとつの行程を学んでいき
先生からの指示がなくても動けるように
「この演奏なら、こういう音作りがしてみたい!」という表現を思い描けるように
「protools講座」「RECエンジニア養成講座」「電気音響工学概論」
「エンジニア向けイヤートレーニング」「舞台知識全般」などの授業を受けながら
必要な知識や技術をじっくりと学んでいきます。

音響デザイン科の学生さんがエンジニアに挑戦。

今年度で2年目の学院生は、新入生の皆さんからの質問にも応えていました。
自分の覚えた事を人に教える事で、さらに理解が深まります。

コントロールルームから音を出すブースを映した画面を撮影。皆さん先生から指示を受けつつセッティングを進めています

このように座学と実習を連動させながら
「現場で活きる知識と技術」を身に付ける音響デザイン科。

これから他学科とも連動して、様々なジャンルの
レコーディング・PA・照明・企画・舞台制作を学んでいきます!

スタンバイされたマイク達。

ライター:山P