国立音楽院

2018年06月11日

新規授業 高等部と初心者のための楽譜のトリセツ

  • 高等部

箕輪健太先生の新規授業が始まります。
「高等部と初心者のための楽譜のトリセツ」です。

正しい楽譜の読み方の知識を身につけて、自身の音楽の世界を広げていく。

突然ですが、音楽を演奏するのに取扱説明書(トリセツ)があるのをご存知でしょうか?

それは楽譜です!!

楽譜には音楽演奏に対するたくさんの情報が書かれています。

そんな楽譜の読み方を、基礎の基礎から学んでいく、いわば楽譜の取り扱い説明書がこの授業です。
全く楽譜が読めなくても大丈夫です。
楽譜に触れて、音楽の世界を一緒に広げていきましょう。

授業は木曜15:00-16:00KMAホール。
前の時間の「初心者弦アンサンブル」14:00-15:00、箕輪先生にも加わっていただきます。
楽しみですね!

Love Music♪

指導講師紹介

箕輪 健太

国立音楽大学音楽学部卒業。同大学卒業と同時に東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団指揮研究員を務め、飯守泰次郎、矢崎彦太郎両氏の下、研鑽を積み、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の主要演奏会に出演。これまでに指揮を飯守泰次郎、矢崎彦太郎、田中良和、塩谷明の各氏に師事。持ち味は、器楽的に整理された端正な音楽作りはもちろんのこと、声楽曲のレパートリーも広く、演奏家の最大限の能力を発揮させるテクニックが器楽演奏家、声楽家から絶大の信頼がある。

国立音楽院 LINEからお問い合わせ

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容をタップしてください。