国立音楽院

2018年04月23日

三味線ワークショップ

  • 和楽科

「三味線ワークショップ」の授業紹介を担当講師の桂城杜生先生に頂きました。
日本の伝統楽器三味線は、楽器の種類で沖縄の三線を別にして主に3種類、音楽の種類だけでも20種類以上あると言われています。三味線ワークショップでは、主には津軽三味線で使われる太棹三味線で民謡や合奏曲を演奏しています。基本的には初心者から経験者まで合同で行いますが、一人一人のレベルに合わせてた手や曲を考えております!楽器は学校のものが、細棹と太棹と数本ありますが、人数が楽器の数を超えた場合は順番に使ってもらっています!津軽三味線の迫力と、民謡の奥深さを体験されたい方は気軽にお越しください!Love Music♪