国立音楽院

2018年05月02日

バロックヴァイオリン

  • ヴァイオリン製作科

「バロックヴァイオリンbaroque violin」をご存知でしょうか?、様々な定義はありますがバロック時代に製作されモダン・ヴァイオリンに改造されていないもの。

ネック、指板、駒、テイルピースがバロック時代の様式の特有の形状のものを指します。モダンヴァイオリンとの大きな違いと言いますと、殆どのバロック・ヴァイオリン奏者は、バロック時代にはまだ発明されていなかった、顎当や肩当を附けずに演奏します。そうすることで自由度が高い自然な体勢をとることができます。そしてバロック時代の習慣に倣って、多くのバロック・ヴァイオリン奏者はガット弦を使用しています。モダンヴァイオリンはスチール弦・ガット弦・ナイロン弦と多種多様です。ヴァイオリンって興味深い楽器です。

こちらがバロックヴァイオリンです。LoveMusic♪