国立音楽院

2018年06月04日

クラシックオーケストラ 「AUN J 」

  • 和楽科
  • 弦演奏科

生田流箏曲「清絃会」四代目家元である市川慎先生よりメッセージを頂きました。市川先生は主に「箏・十七絃」を演奏なさいます。
「題名のない音楽界」に出演されたり、フランスのモン=サン・ミッシェル内での演奏、アンコールワットをはじめとする数々の世界遺産での演奏も高い評価を受けております。

「AUN J」は皆様ご存知でしょうか?和太鼓・三味線・箏・尺八・篠笛・鳴り物。通常一緒に演奏されることのない和楽器を再編成し独自の音楽性を追究する、2008年結成された和楽器のみのユニット。各楽器の第一線で活躍する邦楽家8人が集結し、一級の古典技術と新世代の感性を兼ね備えた、聞きやすく誰にでも楽しめる楽曲は、他の和楽器グループにはない独自の世界観を作り上げている。
『音楽には、国境はないが国籍はある』をモットーに、伝統と革新を高いレベルで両立させたクオリティとパフォーマンス性は、海外においても高い評価を得ております。

今年はロシアにおける日本年としての事業の一環として、外務省関連の方から、ロシア公演の依頼を受け、サンクトペテルブルクにある「マリインスキーコンサートホール」「カペラホール」という由緒正しき歴史ある2つの劇場で公演をさせて頂きました。2つの会場とも大盛況、総立ちアンコールの中演奏を終えて参りました。

皆様も、素晴らしい市川先生に「箏曲演奏法」を習ってみませんか?講座は水曜10:00-11:00基礎 11:00-12:00経験者。また個人実技(マンツーマンレッスン)も行っております。
敷居が高いと思われがちですが、個々のペースに合わせゆっくりじっくり進めてまいります。楽器も学校にあります。是非体験してみてください。Love Music♪