国立音楽院

2018年07月13日

スタジオのメンテナンス法

  • ギタークラフト・リペア科
  • ドラムカスタマイザー科
  • プロミュージシャン科
  • 音響デザイン科

リハーサルスタジオのメンテナンス

国立音楽院では8月にかけて様々な学科の体験講習や多学科のコラボ講座など
一般公開の特別講座が目白押し。(一覧はこちら
その中でも、今回はスタジオのメンテナンス講座をご紹介致します!

 

国立音楽院には防音スタジオが全部で6部屋あります。
バンドの練習や合奏練習、個人練習などでスタジオを利用される方は馴染みがあると思いますが
こういったスタジオにはドラムセットやギター・ベースのアンプ、キーボードやピアノなどが常設されているんですよね。
(ピアノだけ!とか、歌うだけ!とか、色々なタイプのお部屋がありますね)
楽器の他にも音響機材(マイクを繋ぐPAシステムなど)が置いてある所も多いと思います。

日頃、国立音楽院ではどのようにメンテナンスを行っているかといいますと
音楽を教える学校ですので、全て自分達で実施しているんです。

機材やアンプ関連は「音響デザイン科」の学生さん
ドラムや打楽器関連は「ドラムカスタマイザー科」の学生さんが中心となって
定期的にメンテナンスを行っています。

「打楽器メンテナンス講座」なども不定期に開催していますが
こういった知識って実は楽器店勤務を目指す他学科の学生さん達にとっても役立つ知識なんです。
スタジオ機材になると、ミュージシャン志望の方にも密接に関わってきますよね。アーティスト活動をしながらリハーサルスタジオでアルバイトをする方も多くいらっしゃると思いますが、自分の楽器以外の事も知っておくと、アンサンブルの知識にも繋がっていって実は演奏面でも役立つんですよ!

今回はドラムのメンテナンス法を伝授しちゃいます

と、いう事でスタジオメンテナンスにご興味のある方向けに
一般公開の講座として開催致します。是非、奮ってご応募下さいませ!

 

今回、この講座を担当して下さるのは日頃のメンテナンスで監修をして下さっている
指導講師のオータケハヤト先生

ドラマーとしてだけでなく、作詞や作曲の分野でもご活躍されているオータケ先生。
ドラムセットやハードウェアに関する知識も豊富なんです。
優れたミュージシャンは、当たり前のように楽器ともしっかり向き合っているんですね。

是非、この機会をお見逃しなく!

  ■スタジオ・ドラムメンテナンス体験

8/4(土)、8/5(日)、8/11(土)、8/12(日)、8/18(土)、8/26(日)
すべて13:00 – 15:00

ご予約は国立音楽院まで、メールお電話もしくはこちらの入力フォームから受け付けております。


 講師紹介

 オータケハヤト

「ROCK’A’TRENCH」のメンバーとしてデビュー後は、2枚のアルバムと10枚のシングルを発表。作詞、作曲とドラムを担当し、楽曲の半数弱を作曲。後期は作詞も精力的に取り組む。その中でもフジテレビ系ドラマ「メイちゃんの執事」主題歌にもなった「My SunShine」は100万ダウンロードを超える記録を出した。2012年には夏木マリさんのシングル『ALLIANCE』を作曲。近年では映画劇版、CM作曲、ドラムレコーディングで活躍中。Siggy jr.アレンジゆるめるモ!「あ!世界は広いすごい」作曲アレンジ。