国立音楽院

2018年08月11日

管楽器リペア工房(シロフォン編)その1

  • ギタークラフト・リペア科
  • ドラムカスタマイザー科
  • 管楽器リペア科

KMA管楽器リペア工房では打楽器も直しちゃいます!

KMA管楽器リペア工房は夏休みも稼働中です。
今回はシロフォンの修理風景をひょっこりのぞいてみましょう

鍵盤が載るフレームが割れてしまっています。
フレームを繋ぐ金属のパーツも曲がってしまっていました。
(写真手前に写っている黒い物です。すでにまっすぐに直してあります)

“オープンシラバス”は身を助く!?

修理に先立って、フレームの分解です。
ネジを外したら、木槌で叩いて外します。

時に繊細に、時に大胆に!

この外したネジはまた組み立てる時に同じ個所に挿せるようにするテクニックがあるんですが、
修理担当の石井はギターテックの授業で学んだことを活かしているそうです。
芸は身を助くならぬ、「”オープンシラバス”は身を助く」ですね♪


ひび割れに接着剤を流し混んで固定し、乾くまで待ちます。
今日の所はここまで。

NEXT Repair’s Hint!「プレート」(某少年探偵アニメ風)

KUBO