国立音楽院

2018年09月02日

かまくらしるばーほーむ歌の祭典

  • ウインドオーケストラ科
  • 専門部
  • 弦演奏科
  • 管楽器リペア科

オーケストラをバックに歌の祭典!

毎年恒例の、かまくらしるばーほーむでの歌の祭典を行いました。
例年7月に行っていますが、台風のため延期となり9月となりました。
歌の祭典はMTオーケストラの授業の一環として、
ホームのご利用者様がこの日のために練習を重ねた珠玉の一曲を、オーケストラの演奏をバックにソロで歌います。
歌謡曲や懐メロだけでなく、アイドルの曲などもプログラムに並びます。
(私より選曲が若いかも^^;)

毎年オケの編成が変わるため、指揮の飯吉先生が全て編曲しています。
今年は記念すべき第20回と言うことで、過去最多の38曲を演奏します!

当日は朝からリハーサル。歌と合わせてみながら、テンポや繰り返し箇所などを最終確認していきます。

いよいよ本番

皆様思い思いの衣装で出番を待っています。
星条旗の衣装と言えば、ポーズを付けて歌うあの曲ですよね。
三度笠をかぶって仁義を切る方もいたりと、皆さま趣向を凝らして盛り上がりました。


やっぱり歌謡曲でホーンセクションがバシッと決まると盛り上がりが違いますよね。


齋藤先生はじめ弦楽隊、そして木管も美しい音色で歌手を盛り立てます。

2時間以上にわたり演奏し通しのイベント、皆さんお疲れ様でした!

最後に休憩時間に飯吉先生を囲んで記念撮影。

KUBO