国立音楽院

2018年09月03日

Trinity College London graded examinationsを終えて Euph編

  • ヴァイオリン製作科
  • ウインドオーケストラ科
  • ピアノ演奏科
  • ピアノ調律科
  • リトミック本科
  • 中等部
  • 初等部
  • 単科生コース
  • 声楽オペラ科
  • 専門部
  • 弦演奏科
  • 障がい児(者)学習コース
  • 音楽療法学科
  • 高等部

Trinity College London graded examinationsを受験したユーフォニアムの長谷川駿太郎さんからメッセージを頂きました。
トリニティ・カレッジグレード試験は、ヨーロッパをはじめ、世界各国で実施されているグローバルスタンダードとして権威あるオーディションです。と、試験の説明があるように、外国より試験官にお越しいただき、自分の実力を図るとても貴重な機会です。国立音楽院では、この試験を夏休み期間に受けるということもあって、中だるみしがちな夏休み中でも、しっかりと練習して試験に臨むことが出来ます。時間を無駄にせず、自分の実力を向上させるのにも貴重な機会だと思いました。試験は、試験官と通訳の方が居て行われます。通訳の方が英語は訳してくれるものの、試験官は私の目を見て、英語を話してきます。それが、なんとも言えない緊張に襲われます。これも、トリニティだから出来る体験でしょうか。この試験のおもしろいところだと思いました。
私は、今年で2回目の受験になりますが、この試験の雰囲気は慣れませんね。笑


ユーフォニアムは音域はテナーやテナー・バスのトロンボーンとほぼ同じではありますがトロンボーンよりも柔らかく丸みのある音色を奏でます。主旋律からベースライン細かいパッセージまで何でもこなす事ができる魔法のような楽器です。吹きこなすのは至難の業。さすが長谷川さんです。これからも頑張ってください応援しています。LoveMusic♪

長谷川さんはウインドオーケストラの代表も務めています。
今年のサマーコンサートでも大活躍でした→サマコンの記事はコチラ