国立音楽院

2018年09月05日

和洋混合管弦楽団 「越天楽」練習 

  • ヴァイオリン製作科
  • ウインドオーケストラ科
  • ピアノ演奏科
  • ミュージカルバレエ部
  • 中等部
  • 作曲アレンジ科
  • 和楽科
  • 専門部
  • 弦演奏科
  • 管楽器リペア科
  • 障がい児(者)学習コース
  • 音楽療法学科
  • 高等部

9/22(土)13:30開場/14:00開演 ♪入場無料♪
 国立音楽院パラダイスホールにて行われます八條忠基有職装束特別企画「平安絵巻」第一部で演奏される和洋混合管弦楽団「越天楽」の演奏の初回の練習が雷鳴が鳴る中(笑)行われました。

「越天楽」とは雅楽の唐楽曲。越殿楽とも。舞はなく管絃(かんげん)のみ。盤渉調(ばんしきちょう)、黄鐘調(おうしきちょう)、平調(ひょうじょう)の3種がある。盤渉調越天楽が原曲で、他の二つは「渡物(わたしもの)」(一種の移調)として16世紀ごろつくられたという。いずれも明確な三部形式。の楽曲です。今回は、指揮者箕輪健太先生率いる,国立音楽院学生による「和洋混合管弦楽団」が、和楽器:琵琶・三味線・十七絃琴/洋楽器:ヴァイオリン・ヴィオラ・コントラバス/管楽器:フルート・トランペット・トロンボーン・ホルン/打楽器、そしてシンセサイザーという電子楽器が加わります。日本古来の和楽器と、現代楽器、洋打楽器との融合がどの様なハーモニーを奏でるのかとても楽しみです。
きっと他には無い響きを感じる事ができると思います。和楽科を筆頭に、ミュージカルバレエ部、音楽療法学科、ウインドオーケストラ科、管楽器リペア科、作曲アレンジ科・専門部・中等部・高等部、卒業生の総勢16名が演奏致します。 装束を着るモデルさんも当校の在学生です。

第一部は実際に皆様の目の前で平安装束の着付けを行います。和洋管弦楽団の新しいハーモニーにと共にお楽しみ下さい。
第二部のレポートは近日中にお知らせします。和洋管弦楽団のメンバーも役者として演技出演致します。演者からのメッセージを楽しみにお待ち下さい。LoveMusic♪
お問合せ先 国立音楽院 ℡03-5431-8085 Mail:contact.co.jp