国立音楽院

2018年05月19日

若返りリトミックで楽しく健康づくり!認知症・介護予防にも効果あり

  • リトミック本科
  • 専門部
  • 音楽療法学科

若返りリトミックで介護予防

ライター:KUBO
編集:山P

今回は「若返りリトミックⒸ」のセッションの様子をレポートします。
町田市老人クラブ連合会の健康づくり事業で、若返りリトミックを実施しています。

若返りリトミックって何?
そもそも、リトミックって何?
音楽療法とリトミックの違いって?

そのあたりが気になる方は、是非ともこちらの記事もあわせてご覧下さい。
◆参考記事 : 幼児リトミックとは?音楽を通して知育へ効果を発揮します

本記事では、リトミックについて実際の現場の様子を通じてご紹介してまいります!

 

高齢者施設のアクティビティだけでなく、こういった地区の活動でも協力させて頂いています。
担当するのは大人気講師の濱田先生、松島先生の、はまちゃんまっちゃんコンビ。

この写真の花はなんでしょう?
参加者に写真を見せてまわる「はまちゃんまっちゃんコンビ」

正解は・・・卯の花です。
「そういえばまじまじ見たことはないね」とお隣と話すのも大事な「心の若返り」です。

卯の花と言えば、「夏は来ぬ」ということで、
両肩に手を当て、参加者全員で体操をしている様子
歌に合わせて上半身の運動。
肩に手を置いて肘で大きく丸を書きます。

頭と心と体の若返り

5月と言えば、ちょっとすぎてしまいましたが「こいのぼり」ですよね。
こいのぼりが沢山ついた棒を振る先生。もう一人の先生はキーボード伴奏です。
色んな地域のこいのぼり、うなぎのぼり、かつおのぼりなどの写真を見たり、
こども時代の話をしたりすることで心を豊かに動かします。

「こいのぼり」(屋根より高い~)と「鯉のぼり」(いらかの波~)を歌いながら、
グーチョキパーを順番に出したり、前をグー・胸でパーを交互に出す頭の体操をしたり、
皆さんで手をグー・パー!
足の曲げ伸ばしや股関節の運動等も合わせて行っていきます。
足の運動!
歌いながらだと楽しく参加できますよね。
この”楽しく”が大切な要素で、間違えても「笑ってごまかす」が合言葉です(笑)
楽しく参加している中に、「頭・心・体」の若返りを含んでいます。

この後は歌謡曲や流行歌も交えて、歌って笑ってあっという間の90分間でした。
こういった会にご参加くださる皆様は、とってもお元気です。
若返りリトミックが健康づくりの一助になっていければ嬉しいですね。

若返りリトミックについてもっと知りたいという方は
こちら、介護ポストセブンの記事もご覧下さい!

施設で導入したい、うちの地域でもやって欲しいというご依頼は下記までお気軽にお問い合わせください!
〒154-0001
東京都世田谷区池尻3-28-8 国立音楽院
TEL : 03-5431-8085 / MAIL : contact@kma.co.jp