国立音楽院

  • エレクトーン科

    昼間部・夜間部 【2年制/男女20名】

    ここは「エレクトーンの楽園」君の感動パワーはとてつもなく大きい。

    エレクトーンの多彩な表現技術を多方面から習得でき、かつ高い実績を誇る国立音楽院のエレクトーン科は業界からもっとも注目され、ヤマハ音楽教育システム講師、ヤマハ特約店スタッフ、ブライダル式典プレイヤー等多くの人材を世に多数輩出しています。

    取得可能資格・進路

    • ヤマハ・システム講師
    • ヤマハ特約店講師
    • jet講師
    • ヤマハ特約店社員・スタッフ
    • プレイヤー・デモンストレーター
    • キーボーディスト
    • コンポーザー・アレンジャー
    • ブライダルプレイヤー
    • その他履修科目に応じた資格取得

レッスンのポイント– POINT OF LESSON –

エレクトーン科から世界に出よう、仕事をしよう。

  • プレイヤー/デモンストレーター
    ヤマハエレクトーンELS-02シリーズの登場はエレクトーンの可能性を飛躍的に向上させています。音色と機能の多彩さで楽しさが倍増、抜群の表現力を与えました。エレクトーンと音楽を沢山学んだ国立音楽院生たちの活躍の出番です。演奏家からブライダル・式典プレイヤー、ミュージカル伴奏者など、テレビや雑誌で紹介された卒業生が沢山います。
  • ヤマハ・システム講師
    国立音楽院エレクトーン科からのヤマハ・システム講師合格実績は10年間100%を誇ります。幅広い年齢層の学生からなる学院生活はいわば、社会の縮図。エレクトーン、音楽のみならず、マナーや思いやりの心を学べ、その経験が講師採用試験にも繋がっています。 ●ヤマハ・システム講師の資格取得試験 ①受験するには、演奏・指導グレード5級以上の取得が望まれます。 ②試験の内容は筆記・実技・面接です。 ③合格すると、ヤマハで「講師研修」が行われ、指導者として適任者にはヤマハ音楽教育システム講師として委任契約が交わされます。
  • ヤマハグレード
    エレクトーンやピアノ、他の楽器の演奏、指導技術のレベルを示す基準の一つにヤマハグレードがあります。エレクトーンプレイヤー・デモンストレーターを目指す人、ヤマハシステム講師、音楽講師を目指す人はヤマハグレードの取得が必須で、国立音楽院エレクトーン科では、その受験対策の指導に力を入れています。その結果、全員の学院生が演奏・指導グレードに合格しています。 ●演奏グレードの試験内容 課題曲演奏力/自由曲演奏力/即興演奏力/初見演奏力 ●指導グレードの試験内容 ソルフェージュ(メロディー視唱、弾き歌い)/鍵盤実技(伴奏付け、移調奏)/楽典、和声、コード進行法、聴音
  • カリキュラムの一例– CURRICULUM –

    必 修

    • 実 技

      実技レッスン一覧 から
      選択してください
      ワンツーワン方式で行う実技レッスン。 受講生の目的に適した指導講師が各自のレベルや志向に合わせて指導します。将来の資格取得や目標を見据えたレッスンを履修してください。
    • 科 目

      1. ● エレクトーン演奏グレード講座
      2. ● ヤマハシステム講師志望者のためのエレクトーンスピードマスター講座
      3. ● エレクトーンアレンジ講座
      4. ● EF&YEC&グレード3級向けエレクトーン作編曲講座
      5. ● エレクトーン奏法講座

    選 択

    科 目

    オープンシラバス
    自分が好きで学びたい事を全授業の中から選択
  • 学院生からのメッセージ– MESSAGE –

    池本 直生 社会人入学

    私は、小さな頃からエレクトーンを弾くことが大好きでした。国立音楽院では本科だけでなく好きな授業を自由に幅広く選べます。管楽器リペアと並行して学びながら有意義な時間を過ごすことができました。1年に3回あるエレクトーンライブでは、音響と照明の設備が整ったKMAパラダイスホールで、たくさんのお客様の前で日頃の成果を披露する事ができます。エレクトーンが初めての方も熟練者の方も、個別に丁寧に先生方が指導をしてくださるので、とても良い勉強になります。

TOPICS難関突破、継続中!ヤマハシステム講師全員合格連続10年!

ヤマハ・システム講師全員合格連続10年!ヤマハ・システム講師の合格実績は10年連続100%。国立音楽院エレクトーン科の実績は全国から大きな注目を集めています。月刊エレクトーンにも紹介される「自由」で「活発」な教育環境、一人ひとりに最適な授業、レッスンの充実、豊富なライブは国立音楽院だからこそ。専攻学科の枠を超えて、エレクトーンと他楽器のコラボレーションが盛んです。さらに、ヤマハグレードの受験対策にも力を入れ、確かな実績を残しています。生涯エレクトーンで生きていく自信が自然と沸き起こってくるでしょう。