写真:アートセラピー

学校紹介

入学案内

施設紹介

学費支援システム

就職活動を支援

アートセラピー科

Art Therapy アートセラピー科
昼間部・夜間部 【2年制/男女20名】

人を楽しませ、感動させ、癒す力。
絵画と音楽は心を癒やすアートの同質性です

本科は、広くこども達の健やかな成長のお手伝いをする「こどもアート指導員」の養成カリキュラムが基本にあります。国立音楽院アートセラピーの最大の利点は、ミュージックセラピーと共に学べること。障がいや病気に拘らず、アートはすべての人の感性と知性に働きかけ、育て、支え、癒します。セラピーこそアートの本質、心の癒しを求めるすべての人々のためにあります。

取得可能資格・進路

□こどもアート指導員 □アートセラピスト □カラーセラピスト
□芸術療法士 □色彩検定 □絵本作家 □幼児リトミック指導員(フロア担当)
□その他履修科目に応じた資格取得

人を癒し、育てる、アートに関連した仕事があります。

こどもアート指導員

ものを描いたり、造ったりする喜びを通じ、創造性開発を行うこども教室の先生。自由で健康な想像力と夢、そしてこどもの自我の発芽を促します。全国各地の有名新聞社・放送局・デパートが運営しているカルチャーセンターなどでこどもの指導にあたります。原則として教室や会場は「幼児リトミック」に準じます。

絵本作家

絵本を創作する仕事をめざします。誰でも、こども時代に一度は触れる絵本。夢と幻想と希望の世界は、こどもの成長にともない大きな心の領域の発達とその役割を果たします。その他、こどものおもちゃや遊具など、遊びに関する企業は極めて多岐に亘り、フレッシュな閃きや才能を求めています。

アート・アトリエ教室の開設

こどもは絵画や造形やコラージュなどを創造するのが大好きです。創作品をお互いに見せ合ったり、公共施設にて展示発表したり、先生より褒められたときの喜びは一生忘れないものです。自宅の一室をアート・アトリエ教室に解放し、その指導員を目指すのも嬉しい仕事です。

アートセラピスト

絵画、造形、コラージュ、箱庭などを利用し、自分を表現することにより心を癒し、自分自身を成長させる心理療法です。こどもから老人に至るまで、誰にでも簡単に取り組め、その癒しの効果は21世紀にますます有用なセラピー技法として、世界から注目されています。大切なポイントは、絵の上手下手など関係がないこと。気の向くままにクレヨンを握って描きなぐってみることで、見えなかった心が見えるようになります。そしてクライエントとセラピストの間に言葉ではできない交流が生まれます。この能動的参加性が、他の療法より優れている所以です。

カラーセラピスト

「色」というツールを利用し分析することにより心と体の健康を求める色彩療法です。選びだされる色は環境や両親、人間関係、最初の恋愛関係まで遡り、現在の悩みの糸口などさまざまなものを映し出します。色は人のその果てしない心を探るきっかけになるでしょう。テレビでよくやっているカラー占いからファッショナブルなセラピーまで色んな流派が存在しており、作用が定量化できない方法ですので、心理療法としては自由度が高く、クリエイティブな感性と知性が求められます。

写真:アートセラピー学校

アートセラピー科のカリキュラム一例(必修科目は一例です。)

分類 学科目名 学科概要
必須 科目 アート概論

芸術論と造形実習を通じて、造形活動の可能性を探る。

障がい児・者とアートセラピー

アートセラピストとしてどのように障がい児・者と接すればよいかを学びます

アートセラピー・カラーセラピー いろいろなアートワークの実践。セラピー概論、実践できるプラン、セラピスト体験など
アートセッション コミュニケーション、セッションする美術
この他、アートセラピー科に関する授業のなかから自分で必修科目を決めます。
選択 科目 オープンシラバス - 自分が好きで学びたいことを全授業の中から選択
オープンシラバスの詳細

アートと音楽、両方まなんで、いい療法

幼児リトミック教室を数十年、こどもアート教室と音楽療法を実践し続けていると、大切なつながりが方々にでき、新しい気づきや方法が次々に湧き出てきます。国立音楽院では「自然のもくろみ」と呼び、大切にしています。近くの小学校や都内の特別支援学校に依頼されて音楽療法の仕事が拡大していますが、障がい児一人ずつの状況に応じた臨床的ケアがどれだけ大切か身をもって実感します。クライエント第一で考えると、音楽より絵画が良く適合できる場合が少なくない。アートとミュージックの間を自然に行き来できるセラピストが期待されます。熱心な学院生は、ちゃんとわかっていることですが。

輝く先輩・卒業生の声

アートセラピー科先輩:宅島 あすか

飛鳥未来高等学校卒業

宅島 あすか

絵の具の使い方からデッサンの書き方まで先生が丁寧に教えてくれます。作品を発表する機会があり、絵を通して人とコミュニケーションがとれます。音楽を学んでいるからこそわかる、音楽と絵の共通点も私なりに理解ができました。

アートセラピー科先輩:白澤 実菜子

社会茨城県立石岡第一高等学校卒業人入学

白澤 実菜子

アートセラピーってなに?そう思う人も多いと思います。私もアートセラピー科というものを、何も知らないまま国立音楽院に入りました。実際に授業を受けてみて思ったことは老若男女すべての人が楽しめるものだと思いました。障がい児(者)アートセラピーでは新聞を千切ったり、しゃぼん玉をしたり、子供の頃にかえったように楽しく出来ます。その他の授業では、自画像であったり箱庭などの本格的なことも手軽に楽しめます。

国立音楽院ではいきいきと音楽に励み、専攻学科や年齢の隔てなく、年末のコンサートに向けての練習に楽しむ学院生達の歓声に溢れています。そんな学院生達の近況、学内外のトピックスをお伝えするラポール34号が刷り上がりました。ご希望の方にはお送りいたしますので、是非ご一読下さい。 詳細・PDF無料ダンロードはこちらから

学校見学会

資料請求

入学、学校見学、資料請求に関することなど、
お気軽にお問い合わせください。

学費ローン、新聞奨学生など学費支援制度も多数ご用意しております。
転入学、編入学に関してもお電話でご相談いただけます。

0120-987-349

国立音楽院

〒154-0001東京都世田谷区池尻 3-28-8
Tel(携帯・PHS):03-5431-8085
Fax:03-5430-8020

国立音楽院 南部校

〒683-0322鳥取県西伯郡南部町阿賀 314-3
Tel: 0859-66-6139
Fax: 0859-66-6140