写真:ミュージカルバレエ

学校紹介

入学案内

施設紹介

学費支援システム

就職活動を支援

ミュージカルバレエ部

Musical Ballet ミュージカルバレエ部
昼間部・夜間部 【2年制/男女20名】

■ミュージカルコース ■バレエコース ■オペラコース ■声楽コース ■演劇ナレーターコース

音楽はここより発し、ここに還る。
オールマイティな舞台芸術。

音楽、歌、踊りで、感情、心、美を表現するミュージカル、バレエ、オペラ。人間が誇れるオールマイティな舞台芸術。役者、ダンサーは心身とも役柄に入りこみ、知性とパトスを自由に奔出させ、観客を引きこんで感動させるのです。バレエの人間のすべてを働かせて演じる芸術に、オペラ、演劇、声優の課程も加え、国立音楽院のオープンシラバス、好きな科目をいくつでも学べるシステムを最大に活用し、実らせることができます。

取得可能資格・進路

<ミュージカルコース>

□ミュージカル・タレント □ミュージカル、歌劇団員 □こどもミュージカルインストラクター

<バレエコース>

□バレエ・ダンサー □バレエ団員 □ダンス、バレエインストラクター

<演劇ナレーターコース>

□ナレーター、声優 □朗読家、朗読療法士・演劇俳優 □その他履修科目に応じた資格・進路

<声楽コース/オペラコース>

□オペラ、合唱団員 □音楽教室、児童合唱団指導講師 □声楽による音楽療法士

多彩なカリキュラムから自由に選択

ミュージカル&バレエ

国立音楽院はミュージカルバレエ指導と育成でも第一級の学校でありたい。念願が叶いつつあります。従来からの創作ミュージカルのカリキュラムに加え、国際的なバレエダンサーを講師に迎え、飛躍的に充実しました。その一人、ヴァレンティン・バルテス先生は本音楽院の独創力、総合力に注目し、2009年2月のバレエ「カルメン」公演に全面協力を要請。国立音楽院はこれに全力で応えて、共同公演(世界初演)は大喝采を博しました。

ジュニアポップス/ミュージカルインストラクター

こどものトータルな感性を伸ばす「こどもミュージカル」教室のインストラクター。「最高のおけいこごと」と好評です。国立音楽院が認定する資格を取得し、一流カルチャーセンターや教室で活躍します。

ナレーター&演劇

「ヴォイスアート」を担当する橘由貴先生は「朗読療法」の日本の第一人者であり、七変化する声の高度な技を伝授するでしょう。「音楽学生にこそ」と意欲を持って指導します。

オペラ実習

現役のトップクラスを揃えた声楽講師陣が、学院生をすばらしいオペラ体験に誘います。授業はみっちり発声練習をこなしてから、課題のオペラに取り組みます。モーツァルトの大傑作「フィガロの結婚」、「魔笛」に挑み、すばらしい成果と感動を残しました。得るものは非常に大きく、全ての学科からも積極的に参加しています。

声楽

表現するテクニックと共に、豊かな感性、音楽に対する真摯な姿勢を養います。学院生一人ひとりの個性に合わせて、現役のオペラ歌手ら1対1でマンツーマン指導を行い高いモチベーションを維持しながら学ぶことができます。技術だけでなく、声楽に対する心構え、芸術感覚や表現力を磨き、一流の声楽家を目指します。

写真:ミュージカル学校

写真:バレエ学校

写真:ミュージカルバレエ学校

ミュージカルバレエ部のカリキュラム一例(必修科目は一例です。)

分類 学科目名 学科概要
必須 実技 実技レッスン一覧から選択してください ワンツーワン方式で行う楽器の実技レッスン

受講生の目的に適した指導講師が各自のレベルや志向に合わせて指導します。将来の資格取得や目標を見据えた楽器を履修してください

科目 舞台・ミュージカルの実践 ミュージカルを基礎から学ぶ
演劇 ナチュラルに演技するために必要な訓練をする
クラシックバレエ クラシックバレエの基礎を学び音楽を表現する
オペラ実習 音楽や芝居を通して自己を表現し、人に伝えるという感性を高める
この他、ミュージカルバレエ部に関する授業のなかから自分で必修科目を決めます。
選択 科目 オープンシラバス - 自分が好きで学びたいことを全授業の中から選択
オープンシラバスの詳細

第一線のプロの声を、技を、90cmの身近で学び取る。

ミュージカル、バレエ、オペラ、演劇、ナレーション。マルチに学んで、自分の身体能力、音楽性をどんどん伸ばせます。各分野の第一線で活躍するプロが講師を務め、オペラ実習は4人、ミュージカル実践は2人の先生が10倍の愛情(?)で指導します。ヴォイスアートの第一人者・橘先生、東京バレエ団の上山千奈先生は現役のバレリーナ、劇団「四季」からは沓沢先生と関先生と髙島田先生が演劇の台本作りから指導して下さいます。驚くほどの名手が授業を展開。天を見上げるような有名スターの至近距離で、プロの至芸に触れるなんて、ぞくぞくする感動ですよ。

輝く先輩・卒業生の声

ミュージカルバレエ部先輩:高橋 慧

明蓬館高等学校卒業

高橋 慧

国立音楽院に入学した理由は、ミュージカルを本格的に学びたいことと歌って踊るなど、ダンス・バレエ・声楽だけでは学べないことを総合的に学びたいと思いミュージカル・バレエ部に入学しました。年度末には授業合同授業ライブがあり、ステージを体験。あっという間の一年でしたが、来年度もしっかりと自分がやってみたいことをしっかりと学び、表現していきたいです。

ミュージカルバレエ部先輩:坂口 珠乙

私立明星学園高等学校卒業

坂口 珠乙

高校時代の授業でオペラを体験してからその楽しさを忘れられませんでした。入学してからオペラ実習という授業もあることに気付き、すぐに受けることを決めました。その時は音楽療法学科だったのですが、授業やレッスンを受けるうちに自分で表現することに魅せられミュージカルバレエ部に転科しました。国立音楽院には迷うほど沢山の授業があります。でもこの場所だからこそ、本当に好きなことを見つけられたのだと思っています。

国立音楽院ではいきいきと音楽に励み、専攻学科や年齢の隔てなく、年末のコンサートに向けての練習に楽しむ学院生達の歓声に溢れています。そんな学院生達の近況、学内外のトピックスをお伝えするラポール34号が刷り上がりました。ご希望の方にはお送りいたしますので、是非ご一読下さい。 詳細・PDF無料ダンロードはこちらから

学校見学会

資料請求

入学、学校見学、資料請求に関することなど、
お気軽にお問い合わせください。

学費ローン、新聞奨学生など学費支援制度も多数ご用意しております。
転入学、編入学に関してもお電話でご相談いただけます。

0120-987-349

国立音楽院

〒154-0001東京都世田谷区池尻 3-28-8
Tel(携帯・PHS):03-5431-8085
Fax:03-5430-8020

国立音楽院 南部校

〒683-0322鳥取県西伯郡南部町阿賀 314-3
Tel: 0859-66-6139
Fax: 0859-66-6140