写真:ヴァイオリン製作科

学校紹介

入学案内

施設紹介

学費支援システム

就職活動を支援

ヴァイオリン製作科

Violin Making ヴァイオリン製作科
昼間部・夜間部 【2年制/男女10名】

体験講習【要予約/受講無料】

ヴァイオリン製作科体験講習のお知らせ

全ての製作工程ひとつひとつに
製作者の魂が注がれます。

豊かな芸術感性を刷り込む超絶精妙で至高な楽器ーヴァイオリン。きみの造ったそのヴァイオリンが奏でる演奏者との喜びの心、魂を共感したい。学生としてではなく「職人」としてその腕を磨き、同時にヴァイオリンを造る人間としての心構えも学んでいきます。「生涯修行」ともいえるこの道で、一流の職人を目指す第一歩を国立音楽院で踏み出してください。

取得可能資格・進路

□ヴァイオリン製作家 
□海外留学 □弦楽器店(技術・販売)
□その他履修科目に応じた資格取得

数百年引き継がれてきた
名器の持つ自然で伝統的な美しさ。
確かな技術、変わらぬ伝統を受け継ぎ、
プロの製作者を目指します。

一流のヴァイオリン製作者へと導く教育環境

数百年受け継がれ、伝統美と自然美、楽器としての高い機能性も兼ね備えたヴァイオリン。多くの音楽家を虜にし音楽の歴史を共に作ってきたと言っても過言ではありません。国立音楽院では思う存分本格的なヴァイオリン製作に没頭できる環境が整っています。2年間という限られた時間のなか、多くの道具を駆使してヴァイオリン製作の技術を学びます。学生としてではなく「職人」としてその腕を磨き、同時にヴァイオリンを作る人間としての心構えも学んでいきます。

ドイツマイスターや国際的に活躍する
指導講師陣が直接指導

ドイツ国家資格マイスターの資格を取得し、ドイツ国内の工房で工房長を務め後進の指導にも携わった山田聖氏はじめ国際的に活躍する指導講師陣が、さまざまな実践や経験を通して得たその技術と精神を伝えます。卒業後は職人としてヴァイオリン工房、楽器店に就職する他、その後独立して工房を構える者、海外留学する者などさまざま。国立音楽院ヴァイオリン製作科が始まって21年。本科創設以来変わらぬ指導法で、確かな技術を受け継いだ多くの卒業生が着実に結果を出しています。

充実した授業内容

理論:弦楽器の歴史や、外部講師・各分野の専門家を招いて特別授業を実施します。
  また作業内容を正しく理解できたか  を確認するため、レポートにまとめます。
道具の仕立て:刃物の研ぎ、数十種類以上に及ぶ道具の仕立てや調整、
  またヴァイオリン製作に必要な特殊な道具の製作を行います。
ヴァイオリン製作:マイスター山田 聖氏の製作方法を教科書とし、
  伝統的かつ緻密な製法で多くの工程と長い時間を掛け丁寧に仕上げます。

研究科

2年間のヴァイオリン製作の課程を終えた学生を対象に、ヴァイオリン以外の弦楽器の製作や修理・修復の基礎を学ぶことができます。

写真:バイオリン製作学校1

写真:バイオリン製作学校2

ヴァイオリン製作科のカリキュラム一例(必修科目は一例です。)

分類 学科目名 学科概要
必須 実技 実技レッスン一覧から選択してください ワンツーワン方式で行う楽器の実技レッスン

受講生の目的に適した指導講師が各自のレベルや志向に合わせて指導します。将来の資格取得や目標を見据えた楽器を履修してください。

科目 ヴァイオリン製作実習 伝統あるヴァイオリン製作の技術の修得。実技重視の少人数制指導。
選択 科目 オープンシラバス - 自分が好きで学びたいことを全授業の中から選択
オープンシラバスの詳細

輝く先輩・卒業生の声

ヴァイオリン製作科先輩:西村 美樹

社会人入学

西村 美樹

ヴァイオリンを弾いたことが1度もない…製作科に入学する上で1番不安だったことです。地元で10年間教員をしていましたが、今が1番若い(年齢は戻れませんので)と思い、退職して現在に至ります。今は、製作科の先生方から懇切丁寧にご指導をいただいて、材料の木が次第にヴァイオリンへと姿を変えていくことに感動しています。また、週に1度楽器の実技レッスンを受けられること、興味のある授業を自由に受講できるオープンシラバスもこの学校の魅力です。

ヴァイオリン製作科先輩:山我 雪花

ESPミュージカルアカデミーより編入

山我 雪花

製作は道具の仕立て方や使い方から先生方が丁寧に教えて下さいます。刃物の研ぎは初めは慣れませんが、木を削る前のとても大事な工程なので根気が必要な作業です。授業が始まる前に来て作業を進めるなど個人のペースで進めることができます。4人の先生方や卒業生との繋がりもあるので、話を聞くのもとても勉強になります。必修として楽器の実技レッスンもあり、弦楽器をレッスンで取っておくと未経験者でも自分の楽器完成後、演奏の楽しみが増えると思います。

国立音楽院ではいきいきと音楽に励み、専攻学科や年齢の隔てなく、年末のコンサートに向けての練習に楽しむ学院生達の歓声に溢れています。そんな学院生達の近況、学内外のトピックスをお伝えするラポール34号が刷り上がりました。ご希望の方にはお送りいたしますので、是非ご一読下さい。 詳細・PDF無料ダンロードはこちらから

学校見学会

資料請求

入学、学校見学、資料請求に関することなど、
お気軽にお問い合わせください。

学費ローン、新聞奨学生など学費支援制度も多数ご用意しております。
転入学、編入学に関してもお電話でご相談いただけます。

0120-987-349

国立音楽院

〒154-0001東京都世田谷区池尻 3-28-8
Tel(携帯・PHS):03-5431-8085
Fax:03-5430-8020

国立音楽院 南部校

〒683-0322鳥取県西伯郡南部町阿賀 314-3
Tel: 0859-66-6139
Fax: 0859-66-6140