写真:管楽器リペア科

学校紹介

入学案内

施設紹介

学費支援システム

就職活動を支援

管楽器リペア科

Woodwind Brass Instruments Repair 管楽器リペア科
昼間部・夜間部 【2年制/男女30名】

体験講習【要予約/受講無料】

管楽器リペア体験講習のお知らせ

名演奏家の陰に名リペアマンあり。
最高のリペア技術者集団が教えています。

本科でしか習得できない貴重な技術を習得できるのは大きな魅力。また、小・中・高校に、管楽器専攻生を吹奏楽指導やトレーナーとして派遣する、日本初の「吹奏楽トレーナー派遣制度」を行うなど、リペア技術に加え、指導者としても活躍できる音楽人になるのです。リペア技術を現役の職人たちからしっかり学ぶとともに、プレイヤーを目指すことができるのも本科の特徴です。独自のオープンシラバスで一流の講師陣のもと、演奏技術も磨くことができます。

取得可能資格・進路

□管楽器リペア技術師(管楽器リペアラー) □管楽器リペア・マイスター  
□管楽器工房経営 □管楽器講師及びミュージシャン □吹奏楽トレーナー
□その他履修科目に応じた資格取得

様々な場面で活躍できる重要なモティーフを提供しています。

管楽器リペア職人を育てる学校

管楽器の修理は今も昔も変わりませんが、直すノウハウは日進月歩に進化しています。修理方法は自動車産業のように確立されたものはなく、リペア技術者個人個人の自由な発想・感性によります。確かな技術者は豊富な技術や能力を持ち、優秀な技術者は自らが修理した楽器が以前より同等、あるいはより優れた機能を発揮できるよう細部の手入れ等を行なったり、そして依頼者に対しては正しい扱い方等を啓蒙すべきでしょう。国立音楽院では演奏者の微妙な要求にも対応でき修理の信頼性を高めることが出来るリペアマンを育てていきます。2年間で、国内のメーカーはもちろん海外の主要メーカーの全ての修理技術を身につけます。更に深く技能の向上の発展を志望する学院生は、研究科に進み精進を積みながら本音楽院が併設するリペア工房で活躍したり、また個人の管楽器リペア工房を立ち上げ独立の道に進むのも良いでしょう。授業以外に自由に工房が使え、自主作業ができる勉強時間の多さも、他校にはないシステムです。我国最高のリペア技術者たちが長年のキャリアとノウハウをみなさんに伝授いたします。

在学中より実地研修制度がある

小・中・高校生の吹奏楽演奏をサポートするトレーナーとしての実地研修制度の存在です。先輩トレーナーのもとで活動しながら、その能力や資格が認められると、新しく担当する学校を紹介され、応分の報酬が支払われます。また、2年生の希望者には、管楽器修理の受注や納品などの営業活動を体験して頂きます。吹奏楽トレーナーを行いながら、楽器のメインテナンスやリペアを行い、好きな音楽を活かしながら、一生に亘って安定した人生が保証されます。全員就職を目指しています。 

在学中より演奏活動が活発

「Big Band / Wind Orchestraの響演」と銘打って行われるアニバーサリーコンサートが、東京オペラシティーなど一流会場に於いて盛大に開催されます。100名近い団員が奏でる荘厳、そして華麗な音楽の響きを聴きながら、満席の聴衆にとってはまさに圧巻を覚えます。演奏者のほとんどは管楽器リペア科によって占められています。

楽器のカスタマイズ マウスピースと楽器の仕組み

マウスピースはただ楽器を鳴らすための道具という概念を覆す講座を開講。管楽器リペアマンとしての見識が広がり、楽器の修理の作業範囲が広がります。プロのミュージシャンたちの修理・改造(楽器のカスタマイズ)に、自分のオリジナルマウスピースの改造など、常に斬新な技能を開拓していきます。 

写真:管楽器リペア学校1

写真:管楽器リペア学校2

管楽器リペア科のカリキュラム一例(必修科目は一例です。)

分類 学科目名 学科概要
必須 実技 実技レッスン一覧から選択してください ワンツーワン方式で行う楽器の個人レッスン。
受講生の目的に適した指導講師が各自のレベルや志向に合わせて指導します。将来の資格取得や目標を見据えた楽器を履修してください
科目 管楽器リペア実習 工具作りから、管楽器の基本的修理技術と軽修理を学びます(工具知識、商品知識、管楽器の機能と構造)本物の修理技術を身につけ、かつ楽器を正しく演奏できるリペアマンの育成を目標にしています。
吹奏楽指導法 吹奏楽においての正しい指導法、全ての管楽器の実技指導を行います
選択 科目 オープンシラバス - 自分が好きで学びたいことを全授業の中から選択
オープンシラバスの詳細

国産メーカーの修理はもちろん、管楽器発祥の地、本場ヨーロッパの全てのメーカーの修理方法を指導。
国立音楽院の修理技術は世界のスタンダードレベルを目指しています。

楽器店や音楽工房、楽器メーカーなどの修理工場で管楽器の修理にあたる技術師。音色や音程を識別できる良い耳と、丹念に修理する探求心旺盛な性格と心構えが必要です。管楽器の愛好熱はますます高まっていますが、微妙な修理は専門家の手に頼らなければならず、管楽器リペア技術師は特殊技術師となって将来的にも有望です。音楽感性や技能の優れた人は、ミュージシャンであると同時に、やがてはプロの楽器職人となって、独立した自分の音楽工房と専門楽器店を開業するのもよい。本科の特色として、修理技術はもちろん、演奏技術も修得します。在学中より、母校である中学・高校で使っている管楽器の簡単な修理やメンテナンス、吹奏楽の演奏指導ができるのは良いことであり、感謝されます。

輝く先輩・卒業生の声

管楽器リペア科先輩:高野 あゆみ

神奈川県立高浜高等学校卒業

高野 あゆみ

私が国立音楽院に入学を決めた理由は他の学校に比べ授業以外でも自習ができる時間が多いところです。中学校に来ていた楽器屋さんに憧れてリペアマンを目指しました。授業では先生が基礎的な修理方法を丁寧に教えてくれて、日に日にできることが増えてきて楽しいです。学校外では中学校へ部活指導に行ったり、アルバイトをしたり休みは全くないのですが、自分の周りに音楽が溢れていて毎日とても充実しています。将来、楽器店へ就職することを考え技術向上に日々努力しています。

管楽器リペア科先輩:酒井 慎太

静岡県立掛川工業高校卒業

酒井 慎太

僕がこの学校に入学した一番の理由は時間の使い方の自由度が高いからです。学びたい授業を履修できるオープンシラバス制度や授業のない時間に自習ができるなど無駄な時間がなく、自分のやりたいことができるので毎日が楽しく過ごせています。また毎日学校は開校しているのでアルバイトの空き時間に自習ができるなどとても助かっています。

国立音楽院ではいきいきと音楽に励み、専攻学科や年齢の隔てなく、年末のコンサートに向けての練習に楽しむ学院生達の歓声に溢れています。そんな学院生達の近況、学内外のトピックスをお伝えするラポール34号が刷り上がりました。ご希望の方にはお送りいたしますので、是非ご一読下さい。 詳細・PDF無料ダンロードはこちらから

学校見学会

資料請求

入学、学校見学、資料請求に関することなど、
お気軽にお問い合わせください。

学費ローン、新聞奨学生など学費支援制度も多数ご用意しております。
転入学、編入学に関してもお電話でご相談いただけます。

0120-987-349

国立音楽院

〒154-0001東京都世田谷区池尻 3-28-8
Tel(携帯・PHS):03-5431-8085
Fax:03-5430-8020

国立音楽院 南部校

〒683-0322鳥取県西伯郡南部町阿賀 314-3
Tel: 0859-66-6139
Fax: 0859-66-6140