国立音楽院

2018年04月09日

ピアノ調律体験【ユニゾン】ご紹介映像

  • ピアノ調律科

■ 「ユニゾン」と呼ばれる作業を体験

2011年に厚生労働大臣から認可され、国家資格となった「ピアノ調律技能士」。
国立音楽院 東京校はその試験会場にも指定されています。

ピアノの蓋を開けてみると数多くの部品が実に見事に連動して、音が鳴っている事がわかります。

ピアノは鍵盤と連動したハンマーが弦を叩く事で音を発する楽器なのですが
ひとつの音(鍵盤)に対して張られている弦の本数が違います。
1本弦、2本弦、3本弦と、音が高くなるにつれ本数が変わっているのです。
(※上記映像では30秒前後)

ピアノ調律科の体験講習では、基準となる「真ん中のラ」と音叉の音を合わせるところから体験できます。「ラ」だけでも3本の弦がありますから、とても奥が深いですね!

いきなりプロ並みの事ができる人はいません。
指導講師が一から指導致しますのでご興味のある方は是非一度
この調律という奥深い作業を体験してみて下さいね。

参加には予約が必要ですが、無料で受講できますので
お気軽に日程をご相談下さい。


■ ピアノ調律体験4月日程


4/15(日)、4/21(土)、4/22(日)、4/28(土)、4/29(日)
いずれも14:00〜

ご予約・お問い合わせ
電話 : 03-5431-8085
メール : contact@kma.co.jp