国立音楽院

音大卒業生の進路

国立音楽院にはさまざまな経歴、音楽経験の方にご入学を頂いております。 音楽大学を卒業後の進路として、また少しブランクがあって音楽への復帰を考えている方など、「音楽の仕事」探しに入学される方が増えています。 音大卒業生たちにまず驚かれるのは、音楽大学にはない社会に活かせる実践的な授業と「即興演奏」。 「即興演奏」を身につけて、カルチャーセンターでの音楽講師、施設での音楽療法士としての活躍、プレイヤーなど、在校中から仕事をする人も少なくなりません。一生涯、音楽に携わっていくチャンスをここで掴んで下さい。

  • 自由な発想と可能性が広がるオープンシラバス。
    音大にはない自由な環境の魅力。
    采女 七色加専門部(昭和音楽大学 卒業)

    国立音楽院と音大との違いとして音大の場合、基本的にはある程度の音楽知識や経験が習得された上で授業が進められていきます。国立音楽院の場合、これから音楽を学ぼうとする初心者にも分かりやすく、最初の段階から丁寧に学習できると思います。また専門性を追求する音大とは異なり、数多くある授業科目の中から自由に履修選択が可能なオープンシラバスは、国立音楽院の最大の魅力、且つ特色なのではないかと思います。「自分自身の可能性を知り広げたい!」と思っている方には、是非納得のいく“自分探し”をして欲しいと思います。一度きりの人生、歩き方や在り方は人の数だけある。それを感じさせて下さる仲間や自由な環境が国立音楽院には存在すると思います。固定概念や、世間体に捉われず、自由な発想で一歩前へ踏み出す面白さを感じ、そこで掴んだものを世の中へ発信できる人間へ成長したいと思います。

  • 音楽大学にはない「自由」。
    ジャンルの枠にとらわれない新しい音楽との出会い。
    延原 加奈音楽療法学科1年(作陽音楽短期大学 卒業)

    私は音楽短期大学でフルートを専攻し勉強をしました。二年生になり、もともと興味のあった音楽療法をやってみたいという気持ちが出てきて、自分でいろいろ調べたところ国立音楽院のことを知りました。国立音楽院は音楽療法の授業だけでなく、ピアノやギターなどの授業も自由に受けることができ、音楽短期大学にはない「自由」があると思います。短大を卒業して国立音楽院で勉強していると、音楽という枠が私の思っている以上に広いことを感じることができました。短大で勉強したことを活かしながら国立音楽院で新しい音楽を体験するのは、私にとってとても大きな経験だと思います。将来はいろいろな音楽を活かし、クライアントに寄り添えるような音楽療法士になりたいです。

  • 学びたかったジャズやアンサンブル。
    忘れかけていた音楽の夢を思い出しました。
    石井 みゆきプロミュージシャン科1年(武蔵野音楽大学 卒業)

    音大卒業後、音楽指導の仕事をしていましたが、子育て時期に事故に遭い、長く音楽から離れる生活になりました。現在、支援の仕事の中で、音楽プログラムを担当しています。より希望に添えるようになるには?と思った先に、国立音楽院への入学がありました。私は元々JAZZやアンサンブルを学びたかったことなど、様々な授業を受けていく中で「夢」を思い出しました。障害が残り、出来ないことの多い私ですが、パワフルで魅力溢れる先生方、また年齢も出身も様々な仲間達に恵まれ支えられ、夢は一つ一つ叶っています。私自身が今ある幸運は「音楽の力」によるところが大きく、感謝しています。今度はその力を必要とされている方々に届けていけるようにしたいと思います。

  • 演奏家としてだけではなく、楽器修理を生涯の仕事にしたい。
    今、新しい世界が自分の中で広がっています。
    髙橋 希望管楽器リペア科1年(洗足学園音楽大学 卒業)

    元々、音楽の道に進もうと思ったきっかけがリペアの仕事に憧れを持ったからでした。大学卒業後はフリーの奏者として活動をしてきましたが、それでもリペアの仕事への憧れが色褪せる事は無く、国立音楽院への入学を決心しました。色々な楽器を実際に手に取り学んでいく事は、慣れない事も多く難しさを感じることもありますが、自分の中で新しい世界が広がっていく感覚がありとても有意義な時間を過ごしています。お世話になった方への感謝の気持ちを忘れず、これからも日々技術の向上に励み、楽器の吹けるリペアマンを目指して努力を続けていこうと思います。

  • 授業は実践ばかりですぐに仕事にむすびつきます。
    音大にはなかった今役に立つ音楽、一生の仕事として続けられる音楽。
    大野 紗恵理専門部(洗足学園音楽大学 卒業)

    音大卒業後、音楽を仕事にしたいという思いと、そのために必要な知識をもっと学びたいという思いがありました。私が、音大時代お世話になった先生にその事を相談して、提案してもらったのがリトミックでした。大学では講義が中心だった私にとって、国立音楽院ではとても実践的なことが多く学べるという違いを実感しています。リトミックの他にも、音楽療法やアテレコ等特色のある科目を履修していく中で、様々な世代・専攻の友人も多くできました。音大時代に専攻していたエレクトーンの授業やライブへの参加など様々な刺激のある中で勉強を続けています。この学校で得られるものは本当にたくさんあると思うので、将来この経験を最大限に活かしていきたいと思います。