声楽オペラ科

昼間部・夜間部【2年制/男女20名】

歌い、踊り、演ずる。人間が生み出した全能の芸術、オペラ。
その技能、表現力はもとより、必要とされる「心」を養います。

音楽・歌・踊り・会話などを演じ、人間の感情や理性を仮想表現するオペラ・オペレッタは、観衆と共に一体性となって心を開放し、カタルシス(心の浄化)の心理状態になる瞬間芸術だと言えます。これ程軽快で面白い舞台芸術はない。まさに人間が創造し、生み出した芸術の全能と言われる所以です。

より詳しく知りたい方はぜひ資料請求を
資料請求はこちら
学校見学はこちら
国立音楽院 入学相談センター
0120-987-349
閉じる
横長の線