国立音楽院

学生インタビュー

好きな科目を自由に学ぶ国立音楽院の先輩たち

  • やりたかった音楽。自分の音楽を追求したい。
    ウインドオーケストラ科1年 岩井 奈々子

    小学生の頃にブラスバンドに出会ってから、心のどこかでずっと音楽をやりたいと思っていました。高校卒業後、音楽には関係のない大学に通っていましたが、音楽への気持ちがより強くなり国立音楽院で新たな人生を歩み始めました。音楽療法士の資格は先の見えにくい音楽業界で心強い味方になると思い勉強中です。 また、私は英語で歌うことが好きで、ニューヨークに留学して歌を習うという目標も持っています。これからも私の音楽を追い求め続けたいと思います。

  • 音楽にあふれた環境のなかで、充実した学院生活を迷っています。
    ピアノ調律科1年 石川 沙裕利

    私は普段から演奏しているピアノを自分で調律してみたい、そして調律関連の仕事に就くことも検討したいと思い入学しました。調律の知識はゼロからのスタートだったので不安もありましたが、アドバイスやご指導をしてくださる先生方や、調律以外の授業にも幅広く興味を持ち参加している明るい同級生達のおかげで、安心して勉強ができました。取り組む課題はたくさんありますが、整った環境、活き活きした雰囲気の中で充実した学校生活を送っています。

  • 尊敬できる指導講師の先生方、優れた施設。私の夢の後押しをしてくれました。
    ピアノ調律科2年 小川 未夏

    私がこの学校を選んだ理由は、音楽を広く勉強ができるという所でした。オープンシラバス制を採用している音楽学校は珍しく、自分が専攻している学科以外の授業や実習を受けられる事が魅力的だと感じました。ここ国立音楽院はピアノ調律技能検定試験会場に認定されており、学生は日頃から慣れた環境で試験が受けられます。また、尊敬する先生方にご指導を頂き様々な経験をさせて頂きました。この2年間、今後の自分にとって糧となる勉強がたくさんできました。夢に向かって一歩進める環境が整っている学校だと思います。

  • 自分が好きで学びたいことが学べる。将来はボーカリストを目指しています。
    高等部2年 淺沼 千佳

    国立音楽院の魅力の一つは、レッスン室やスタジオが朝から夜まで利用できることです。私の場合は夕方までアルバイト、それから登校してもしっかり練習ができる環境はとてもありがたいです。高等部の授業は担任の先生が丁寧に教えてくれます。私は学力に不安がありましたが安心して勉強が出来ました。音楽の授業ではボーカルレッスンやバンドアンサンブル、イベント制作などを履修しています。楽しい学校生活の中で自然と友達が沢山できました。将来はプロのボーカリストになって歌い続けていきたいです。