国立音楽院

  • 中等部・高等部

    □普通科コース/音楽コース □音楽大学受験コース □転編入随時受付
    昼間部・夜間部 【3年制/男女50名】

    好きなこと・興味あることをマイペースで学ぶ

    国立音楽院には、音楽のすべてがあります。中・高等部では、全ての授業を自由に選ぶことができます。自分が好きで得意な音楽だけでなく、初めてだけどおもしろそうだ、という好奇心からスタートすると、隠れていた自分のすごい才能が見つかるかもしれません。

    高校卒業資格を取るには?
    国立音楽院高等部では、通信制高校との協力によって、高校卒業資格が同時に取得できます。国立音楽院は音楽を学ぶ教育施設であるとともに、通信制高校のサポート校として高校卒業までしっかりと一般科目の学習のケアをします。

レッスンのポイント– POINT OF LESSON –

音楽を学びながら、高校卒業資格を取得

  • 中等部
    音楽は人の心を癒す天からの贈りもの。こどもの天性は若ければ若いほど天才に育つ。少年・少女より青年期に向かって、心身ともに成長しながら、心理的にも最も深く激しく雑駁に動揺し、苦悩している極めて不安定なこの時期にこそ、その全てのエネルギーを自己の希望や目標に向かって善用に導くべき、決定的なチャンスなのです。とりわけそれが好きな音楽なら、この年頃が最も多感で活発に、全精神を燃やし熱中します。その鋭い感受性の体験による欲望は、無意識のなか、他人より認めて欲しいと強く希求しつつ、一生涯に亘って、心のなかに刷り込まれながら成長していきます。
  • 高等部
    18歳までに音楽のプロを希望するなら、15~16歳の頃よりプロの先生のもとで学び、魅力的な環境のなか音楽感性と技能を磨きながら徹底的に精神を集中します。他方、通信制高校に在籍し、年間数回のスクーリングを受け、普段は本音楽院高等部講師の指導のもとで、レポート提出の準備をします。高等部は一般科目の授業以外の時間は、好きな音楽の授業と練習に集中することができます。高等部の授業形態は本学院の独自でユニーク、つまり好きな科目を自由に選び学べるオープンシラバス制。生徒達にとっては都合が良く喜ばれています。生徒のなかにはジャズのアドリブを自由に自己表現する驚くべき天性・才能を発揮し、得意満面、各地のライブハウスやスタジオ、一流ホテル・ホールなどで活動している卒業生も育っています。音楽という幸せの他からは自分の足もとに転がっているのです。本音学院で自分の居場所に気付いた高校生達は、明るく自由で元気、生き生きとした笑顔で通学を楽しでいます。
  • カリキュラムの一例– CURRICULUM –

    レポート

    単位制の特性を活かし、大学受験を目指す方から無理なく高校卒業を目指す方まで、一人ひとりの希望に合わせた柔軟なカリキュラムを実施しています。さらに転・編入の場合、前の高校ですでに取得した単位を互換することで、今までの成績を生かすことができます。

    スクーリング

    通信制高校のキャンバスで行われる黒板授業のことを言います。年に2回(前期・後期)に行われます。スクーリングは必ず受講しなければなりません。国立音楽院の長期休暇を利用して、スクーリング日程を定めます。

    テスト

    レポートの内容を中心に単位認定テストを実施します。普段より国立音楽院高等部の専任講師がテスト範囲の総復習・定着学習を一人ひとりの学習進度に合わせて指導しますので、余裕をもって試験に臨むことができます。
  • 学院生からのメッセージ– MESSAGE –

    菊池 尚哉 高等部3年

    私は将来、中学校の音楽教師を目指しています。大学進学のために高等部の先生のもと、進学に必要な学問や知識を教わり、その上で演奏の練習や楽典・ソルフェージュなどの学習をしました。今はクラシカルピアノ専攻ですが、一年生の頃はバンドでドラムを叩いたり、オーケストラのコンサートで打楽器を演奏したりと、色々な経験ができるのも国立音楽院ならではです。そうした中で新たな発見があり、より音楽の楽しさや素晴らしさを知ることができると思います。

TOPICS通信制課程(単位制)普通科との学習提携協力体制により高等学校卒業資格を取得

通信制高校とは、レポートの提出(添削指導)と、スクーリングで学ぶシステムです。好きなときに勉強する「自学自習」が基本ですから、国立音楽院高等部に在籍しながら、自分流の学び方でムリなく高卒資格を取得できます。また国立音楽院では通信制課程の学修連携協力校として、レポート作成の一般科目の授業を開講しています。
●通信制によるレポート学習と集中スクーリングによって無理なく高校卒業資格が取得できます。
●レポートは教科書に沿った内容であり、難解なものはありません。
●短いスパンで復習を繰り返す学習サポートシステムなので落ちこぼれを出しません。
●各科目ごとのレポート提出と、集中スクーリング、単位認定試験によって卒業認定がなされます。学年による区分がないので、自分のペース、生活スタイルに応じて学習を進めることができます。

音楽の基礎から実践的なテクニックまで、プロの講師の指導を受けて、音楽中心の高校生活を実現。充実した国立音楽院の施設で、好きな音楽を学び、プレイヤーや音楽家、講師、技術者を目指す生徒をバックアップします。