チャットで資料請求・学校説明会

国立音楽院

一般大学のWスクール生卒業生たち

入学資格は「音楽を学びたい意志のある方」。年齢、経験は不問です。入学試験はありません。音楽を学んでみたいという意志(好きで学びたいこと)が、実はあなたに与えられた天性なのです。自分の天性に気付き、仕事に活かしたいという、一般大学の卒業生やWスクール生のご入学が多くなりました。大学とのWスクールで資格取得やスキルアップを目指す大学生のWスクールは自分が本当にやりたいことを見つけるため、積極的に自分のキャリアを成長させるため、また就職活動にも役立てて頂きたい。大学の空き時間と国立音楽院のオープンシラバス制度を大いに活用してキャリア形成を目指してください。

  • 何歳になっても好きな音楽を発信できる自分でいたい
    吉見 星香専門部(中央大学在学中)

    私は大学生でしたが3年生となり、社会に出る前に自分のやりたかったことが自由にできる最後のチャンスだと考えて大学を休学して国立音楽院に入学しました。大学の学科は文学部で「言葉」を学んでいました。そして国立音楽院で「作曲」を学ぶことで、その2つを組み合わせてオリジナルの曲を作って、自分で演奏する「シンガーソングライター」として表現をしたいという夢を叶えるために学んでいます。大学を休学してまで学んだことで、たくさんの表現につながる学びを得るために、自由選択の授業を月曜日から日曜日まで週7日受講して、色々な角度から自分に必要な内容だけ勉強しています。基礎から応用まで同時進行で作曲に関する技術を手に入れることが出来たので、大学に戻り大学卒業後に働いても今後、曲作りが一人で出来るようになれた喜びはこの上ない収穫です。国立音楽院で学んだ礎をライフワークとして作曲に活かして、何歳になっても好きな音楽を発信できる自分でいたいです。

  • 国立音楽院で学んだことを活かして作詞、作曲をしてみたい
    黒田 佳希プロミュージシャン科2年(東京学芸大学在学中)

    大学で教職課程をとりながら、夜間部で音楽の勉強をしています。高校2年生の時から先生になりたいと思っていましたが、フルートの先生のコンサートを見て「ちゃんと音楽の勉強がしたい」と思い、ダブルスクールを決意しました。先生がジャズやボサノバをよく演奏していたので、その影響もあってジャズフルートを専門に勉強しています。学べば学ぶほど楽しくなって、どんどん音楽にのめり込んで行って、現在はではオープンシラバスをフル活用してサックスやギター、ベースなどの楽器も演奏するようになりました。大学での勉強やサークル活動と両立するのは大変ですし自分の時間もあまり取れませんが、それでも来てよかったと思えるくらい充実しています。大学では国語を専攻しているので、それを活かして作詞・作曲をしてみたいというのが今の目標です。

  • 音楽療法士として社会に貢献したい
    松浦 安加莉専門部(立教大学卒業)

    私は中学のときから漠然と音楽の道に進みたい気持ちはありましたが、中々踏み出せず、中途半端な気持ちの中で一般大学を卒業、就職しました。これがやりたかったことなのかと自問自答し続ける日々に苦悩しているときに音楽療法という仕事を知り、興味を持つようになりました。音楽療法を仕事にしたいという気持ちに今度はきちんと応えようと決意し、仕事を退職しました。国立音楽院では専門部として入学し、音楽療法の授業をメインに履修しています。音楽療法の理論的なことから実践的なことまで、どれも興味のある内容で、毎回楽しく受けています。また、授業で学んだことを今の職場に活かせるのでとてもやりがいがあります。一年で卒業にはなりますが、これからも実習などを通して学び続け、音楽療法士として社会に貢献できるよう努力していきます。

国立音楽院
へのお問い合わせは
LINEが便利!

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、
カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容を
タップしてください。

友達追加をした後は、気になるメニューを
押してみて下さい。
気軽な情報収集のほか、直接メッセージを
コメント入力欄に打ち込んで頂ければ
担当スタッフよりご返信させて頂きます。
進路相談や社会人通学など、何でもご相談下さい。
パンフレットやホームページだけでは
わかりにくいところまで様々な情報発信をしています♪