国立音楽院

  • ジャズミュージシャン科

    □エレキギターセクション □ベースセクション □ドラム、パーカッションセクション □ヴォーカルセクション □各種管楽器セクション
    昼間部・夜間部 【2年制/定員30名】

    大切な即興演奏力と演奏家としての
    自己表現力をビッグネームらの傍らでしっかり学ぶ。

    ジャズの発祥は約100年前。アメリカ南部で奴隷解放された黒人達が、喜びを音楽に表現し始めました。ジャズの基本はImprovisation(インプロビゼイション)=即興演奏です。自由な感性とアドリブによるインタープレイ、プレイヤーが聴衆を巻き込んで一体化し、熱くなるスウィングビート。ジャズでしか得られない魅力です。国立音楽院では、ピアノ、ギター、ベース、ドラム、キーボード、各種管、ヴォーカル、作曲の全てを初心者よりプロ志向まで幅広く実践指導。一流ジャズメンでもある指導講師と、ジャズの真ん中に迫ります。インプロビゼーション、ジャズ理論講座、ジャズコード、ジャズアンサンブル、ジャズセッション、ゴスペル、ビッグバンドetcに至る授業のラインアップに、ジャズ専攻生が心より楽しんで打ちこみ、ジャズの魅力にハマっていきます。

    取得可能資格・進路

    • ギターリスト
    • ベーシスト
    • ボーカリスト
    • ドラマー
    • ブラスプレイヤー
    • キーボーティスト
    • その他履修科目に応じた資格取得

レッスンのポイント- POINT OF LESSON -

ジャズを識り、ジャズに学び、ジャズに酔う2年間。

日本を代表するジャズピアニスト今田勝先生をはじめJonathan Katz先生・池田公生先生・則岡 徹先生、ジャズサックス三木俊雄先生・森 重夫先生、ジャズトランペッター中川喜弘先生、ジャズトロンボーン堂本雅樹先生、ジャズギタリストのTim Donahue先生・岩谷耕資郎先生・保科篤志先生、ジャズべーシスト酒井一郎先生、ドラム齋籐たかし先生・菅野吉也先生・田中文彦先生・Jun Saito先生、ジャズヴォーカリストの夏山美樹先生など、現役で活躍中のミュージシャン達が実技レッスンからアンサンブルまでをご指導いたします。

  • 在学中より演奏チャンスが頻繁にあります

    ♪ジャズセッションがおもしろい

    今田勝先生の授業をはじめ、名人・達人講師のセッションが多数組まれています。サックスの森先生や三木先生セッションにギターで参加したり、ギターの岩谷先生セッションにドラムで参加したりが自由に選べます。自分のプレイに幅が出ます。受講生は、初心者から経験者まで、JAZZYな活気の源です。初心者でも2年間集中して、プロのレベルに達せます。

    ●ライブやジャズクラブでの演奏

    JAZZ仲間達とトリオやカルテットを編み、各地のジャズクラブで演奏活動します。

    ●現役のミュージシャンとセッションができる

    先生方は全員が現役のジャズマンです。そんな現役のプレイヤーたちを間近に、一緒にセッションができる環境です。また先生方も学院生と同じ練習室で練習することがあり、授業やレッスン以外の時間も学ぶことが多く、刺激が多い。

    ●ラウンジプレイヤー(ジャズ・ポピュラー)

    ホテルのラウンジ、レストランやカフェ、パーティで、BGMからソロ、セッション、歌伴奏の演奏まで、TPOに応じて演奏します。ソロでもユニットでも、即興演奏が要求されますが、国立音楽院のジャズコードやセッション授業を学んでいれば、大丈夫です。
  • 多くのOGOBたちがジャズミュージシャンとなって活躍、ジャズを学ぶには最高の環境と講師陣

    国立音楽院のジャズはどこよりも実践的。上達も早く、多くの卒業生たちがライブハウスやCDリリースで活躍しています。
    真よりジャズを愛し好きな人達にとって、本音楽院は最善の環境です。

  • カリキュラムの一例- CURRICULUM -

    必 修

    • 実 技

      実技レッスン一覧 から
      選択してください
      ワンツーワン方式で行う実技レッスン。 受講生の目的に適した指導講師が各自のレベルや志向に合わせて指導します。将来の資格取得や目標を見据えたレッスンを履修してください。
    • 科 目

      1. ● ジャズコード
      2. ● ジャズ理論講座
      3. ● ジャズ・フュージョンコード進行
      4. ● ジャズインプロビゼーションのための理論とトレーニング

      ※この他、ジャズミュージシャン科に関する授業のなかから自分で必修科目を決めます。

    選 択

    科 目

    オープンシラバス
    自分が好きで学びたい事を全授業の中から選択
  • 学院生からのメッセージ- MESSAGE -

    三善 香織 社会人入学

    私は既にパフォーマンスやジャズボーカルを教える仕事をしていますが、その仕事を通してJazzの即興演奏(Improvisation)についてもっと深く学んでみたいと思うようになり、この学校に通い始めました。仕事をしながら学ぶ事は決して楽ではないですが、それでも第一線のジャズプレイヤーの先生方の授業やレッスン、セッションはとても刺激的で、どれも聴き逃せない!という思いで通いました。好きな事を自分のペースで自由に学べるオープンシラバス制や練習室の多さ、授業やレッスンの内容の濃さはまさに私が求めていたものだったので、本当に夢のような環境です。この学校に出会えて本当に良かったと思っています。

TOPICSマスタークラスや演奏交流が盛ん。世界のスタンダードを学び、自分のものにする。

マンハッタン・ジャズ・クインテット、ビル・ワトラス、ボビー・シュー、リッチー・コール、アレン・ハインズ、ホーコン・ストーム、エディ・ヘンダーソン、ウオーター・スミスⅢ、アレックス・スピギアーニ、アレンヴィズッティなどなど、憧れのミュージシャンたちが続々と来校、世界トップクラスのジャズマンたちから薫陶を受け、今やジャズミュージシャンとして活躍しているOGOBたち。マスタークラスは、今すぐテクニックがつくわけではありませんが、何か心に残ることがある。テクニックを見せびらかすだけなく、引き出しの多さ、魅力的で豊かでやわらかい音色をじかに耳にするだけでも貴重な体験です。マスタークラス恒例の指導講師の先生方とのセッションは、まとまり、歌心の効いた縦横無尽のフレーズ、突き抜ける華やかなハイトーンなど、いつも豊富な言葉と演奏で次世代のジャズミュージシャンたちに刺激を与えてくれます。このような世界的なプレイヤーとの出会いと邂逅は将来の大きなモチーフとなることでしょう。

国立音楽院 LINEからお問い合わせ

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容をタップしてください。