国立音楽院

  • 音響デザイン科

    □PA/SRコース □ライティングコース □ライブイベント制作コース □レコーディングコース □ミュージックプランニングコース
    昼間部・夜間部 【2年制/男女20名】

    音を知り、響きをデザインする
    表現と仕事がダイレクトに繋がる発想を育もう

    ポップスやロック、ジャズといったバンド編成の音楽、オーケストラなど大編成のクラシック音楽、コンピュータミュージック、声優・朗読、オペラ、ミュージカル、和楽…。国立音楽院にはあらゆるジャンルが身近にあり、ライブやコンサートも年間を通して随時開催。音響・照明などの技術習得と併せて在学中から様々な経験を積むことができる最高の環境が用意されています。

    取得可能資格・進路

    • サウンドレコーディング技術認定試験
    • 舞台機構調整技能士1〜3級
    • レコーディングエンジニア
    • PAエンジニア
    • 照明デザイナー
    • イベントプロモーター
    • その他履修科目に応じた進路

レッスンのポイント- POINT OF LESSON -

あらゆる分野とか関わるからこそ 現場に出た時、違いが生まれる

現場のニーズに応じるにはどのようにすれば良いのか、プロの現場で求められる作業スピードとはどのようなものなのか。他学科との交流が自然と生まれる学習環境の中で舞台制作や企画・発想力を日頃から育み、実践を通して現場で役に立つ人材を育成します。卒業後、現場に立った時に明確な違いが生まれた事に気が付くはず。様々な場面に応用が可能となる確かな実力を身に付けられるので、音響デザイン科で学んだ内容は後々の人生において大いに役立つ事でしょう。完全な初心者も大歓迎!の超入門編から専門的な授業まで様々な目標やレベルに対応し、資格取得もできます。

  • 音響エンジニア (PA/SR・REC)
    音響技術はもちろん、一人前のエンジニアになる為に必要な事を学びます。素晴らしいアーティストの演奏をどれほどオーディエンスへ伝える事ができるのか。それはエンジニアの腕にかかっています。アーティストの音に直接関わる重要な役割を知る為に耳を鍛え、様々な音楽に触れ、必要な知識を基礎から固めると共に実践的な現場経験を積み、資格取得を目指す事で習熟の度合いをはかる事もできます。充実した当学院のライブPA システム・レコーディング環境には学習・制作に必要なものが全て揃っています。
  • 照明
    ライティング(照明)ひとつで演者のパフォーマンスはまるで違った印象になります。照明は正に空間芸術。ステージを創り上げるアーティスト・クリエイターです。音響と共に、年間を通して様々な学内イベントが行われるパラダイスホールでの実践的な実習の他、学外での実習も実施。基礎を学びながら、実際に機材を操作する時間を大事にします。
  • 舞台制作・マネジメント
    2018年度は4月・7月・12月・3月と4回の大きな学内イベント企画・運営を実際に切り盛りする「イベント制作」、在学中から企業を相手に音楽ビジネスを実践する「プロジェクト実習」など本格的な授業の他、入門編となる特別講座も随時開講。学院の広報番組制作に関わる事もできます。
  • 資格取得
    従来の現場対応力を養う内容だけでなく、資格取得対策も強化。JAPRS認定「サウンドレコーディング技術認定試験」、国家資格である「舞台機構調整技能士1〜3級」など資格取得を目指す事ができます。舞台の知識や耳を鍛えるイヤートレーニング、エンジニア養成講座などの授業を履修し、総合的にレベルアップを図りながら試験対策を進める事で「試験の為の勉強」ではなく「本物の実力」を身に付けていきます。
  • FREE & FREE RECORDS
    国立音楽院が発信するレーベル。企画・制作段階〜完成品をリスナーの元に届けるまで、制作にまつわる全行程において当学院では必要な環境を整えてきました。2018年度からはレーベルの動きを強化し、他学科との連動やコラボ企画を充実させていきます。ご自身が制作に関わった作品が形となる喜びを感じながら、今現在ご自身に不足している知識・技術を把握する事で履修するべき授業・カリキュラムの組み方を考える機会としても活用。
  • カリキュラムの一例- CURRICULUM -

    必 修

    • 実 技

      実技レッスン一覧 から
      選択してください
      ワンツーワン方式で行う実技レッスン。 受講生の目的に適した指導講師が各自のレベルや志向に合わせて指導します。将来の資格取得や目標を見据えたレッスンを履修してください。
    • 科 目

      1. ● 電気音響工学概論
      2. ● PA&SR / REC実習
      3. ● 照明実習
      4. ● Pro Tools講座 / RECエンジニア養成
      5. ● プロジェクト実習
      6. ● イベント制作
      7. ※この他、音響デザイン科に関する授業のなかから自分で必修科目を決めます。

    選 択

    科 目

    オープンシラバス
    自分が好きで学びたい事を全授業の中から選択
  • 学院生からのメッセージ- MESSAGE -

    臼井 雄軌 社会人入学

    僕は、自分でイベントなどを総合演出でき、さらに楽器演奏や音源制作もできるミュージシャンになりたいという夢があり、そのためには幅広い知識が必要だと感じていました。国立音楽院のオープンシラバスは、自分の夢を叶えるのに一番の近道だと思い入学を決めました。イベント制作やレコーディング実習では、裏方でのスタッフの動きや、機材の扱いなどを勉強し、実技レッスンではコンピュータミュージック、ロック・キーボードなどを専攻しています。この学校は自分の積極性次第でいくらでも成長することができます。

TOPICSコラボ企画が充実!国立音楽院だからこそ、できる事。

作曲アレンジ科・弦演奏科・ヴァイオリン製作科などが中心となる「オーケストレーション試演・弦楽四重奏レコーディング」、ギタークラフトリペア科やドラムカスタマイザー科とのコラボが実現「サウンドメイキング」、アニソン声優科授業における録音編集の新規授業体制、各学科の発表会やイベントの舞台制作、学内の広報番組制作。他学科とのコラボに留まらず教務との連動など、実例を挙げれば枚挙に暇がありません。コラボが当たり前という環境にいると、コミュニケーション力や、発想と技術の紐付けなど人間力が自然と身に付くものなんです。「音楽が好き!!」という気持ちのまま、実力を伸ばす事ができます。