国立音楽院

音大卒業生の進路として

国立音楽院にはさまざまな経歴、音楽経験の方が在籍しています。音楽大学卒業後の進路として、また少しブランクがあって音楽への復帰を考えている方など、「音楽の仕事」探しに入学される方が増えています。音大卒業生たちがまず驚くのは、音楽大学にはない社会に活かせる実践的な授業と「即興演奏」。「即興演奏」を身につけて、カルチャーセンターでの音楽講師、施設での音楽療法士としての活躍、プレイヤーなど、在校中から仕事をする人も少なくありません。一生涯、音楽に携わっていくチャンスをここで掴んで下さい。

「1年コース:専門部」、「2年コース:本科」のご案内

  • 1年間のショートプログラムコース

    様々なライフスタイル・目的・経験(未経験の方も大歓迎です)・レベル・履修スケジュールに応じたカリキュラムを組むことができます。
    通常のコースでは2年制(昼間部・夜間部のどちらかが選べます)となっておりますが、1年間学ぶショートプログラム「専門部」もございます。
    「専門部」として1年間通われた後に、2年制コースの「本科(各学科)」へ進級する事も出来ます。面倒な手続きは不要。希望される学科の学費との差額をお支払い頂くだけでもっと学びたい!というお気持ちを叶える事ができます。まとまった期間と学費を費やす事を考えるとハードルが高く感じられる方は、まずは1年間通ってみてその後を考えるという選択をされる方も多くおられます。

  • 2年間の本科コース 昼間部・夜間部

    アカデミックな音楽教育を受けてこられた方にも求められる「お仕事の現場」に繋がるプラスαを。
    これまでに修得されてきた知識や技術を生きたものにするために、社会生活や仕事現場と直結する現実的な人間力を身に付けます。国立音楽院では音楽を総合的に学べるよう様々な学科をご用意しているだけでなく、目的や目標に合わせて時間割を自由に組むことができます。福祉・教育の現場に音楽を応用する為に即興演奏力を磨いたり、楽器製作や修理の技術・調律などを学んだり、音楽ビジネスの発想を学んだり。組み合わせ方は自由です。音楽+サムシングで確かな未来を築きませんか?
    平日夜間(18:00~21:00)と土日終日の履修が可能な夜間部もご用意しています。生活スタイルや選択したい授業スケジュールに合わせながら、コースをお選び頂けます。
    即戦力として求められるプロフェッショナルな技術を向上させるべく、3年目・4年目と、学習に必要な期間を延長していく事の出来る「研究科」へ進級する事で、音楽と共に生きる歩みを確かなものにしていく事もできます。

  • 他の分野を勉強することで視野が広がり、
    違った側面から専門科目を捉えることができるようになりました。
    深川 優瞳子専門部卒業(フェリス女学院大学卒業)

    大学卒業時、音楽の勉強をさらに続け、好きな音楽を仕事に活かしたいと思い国立音楽院に入学致しました。授業が全て自由選択(オープンシラバス)科目になっているので、専門科目以外に日本歌曲や総合芸能、以前からやってみたかったタップダンスを受講しました。他の分野を勉強することで視野が広がり、違った側面から専門科目を捉えることができるようになりました。これからの社会に貢献できるよう、自分の幅を広げ豊かな指導ができる幼児リトミック指導員になりたいと思います。

  • 自分の指導法や演奏技術のスキルアップになり、
    今は演奏家になりたいという夢もできました。
    加藤 美樹ウインドオーケストラ科2年(桜美林大学芸術文化学群音楽専修卒業)

    音大卒業後、普通に勤めながら母校のマーチングの指導をしていました。音大を卒業したとはいえ、知識も十分になく思うように指導ができませんでした。そこで自分の苦手な分野をもう一度学び直そうと、国立音楽院に入学しました。同じ授業でもレベルを分けたり、細かく分野を分けていたりと集中的に学ぶことができました。更に先生方の授業は相手側にわかりやすく言い換えてくれるので、指導する時のお手本になりました。そのおかげか指導先の生徒から「とてもわかりやすい指導でした。」と言ってもらえるようになりました。自分の指導法や演奏技術のスキルアップになり、今は演奏家になりたいという夢もできとても充実しています。

  • 音楽仲間ができて
    音楽の楽しみ方が以前と変わりました。
    石原 聖也コンピュータミュージック科2年(尚美ミュージックカレッジ専門学校中退)

    以前は、音楽総合アカデミー学科電子オルガンコース電子オルガン専攻に在籍しておりましたが、エレクトーンだけではなくコンピュータミュージックの必要性を感じて、国立音楽院に転校しました。畑違いの内容で戸惑うこともありますが、音楽仲間ができて一緒にスタジオに入ってセッションするなど音楽の楽しみ方が以前と変わりました。もちろん今まで極めてきたエレクトーンも継続して学べるので、ライブではしっかりと自分のプレイをアピールしています。

  • 今までの経験や知識を活かすには音楽療法を学び
    現場に出る事だと感じて、国立音楽院に入学しました。
    五日市 玲音楽療法学科2年(洗足学園音楽大学卒業)

    高校2年生で音楽療法を知り、高校卒業後は吹奏楽部で演奏していたホルンを極めようと音楽大学に進学しました。在学中、高齢者施設で演奏する機会があり音楽療法の必要を強く感じました。今までの経験や知識を活かすには音楽療法を学び現場に出る事だと感じて、国立音楽院に入学しました。基本は音楽療法の授業を取りつつ、演奏系の授業も自由選択できるので、金管バンド、ウインドオーケストラ、オーケストラの授業も受講して大好きな楽器を吹く時間もしっかりと確保しています。

国立音楽院
へのお問い合わせは
LINEが便利!

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、
カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容を
タップしてください。

友達追加をした後は、気になるメニューを
押してみて下さい。
気軽な情報収集のほか、直接メッセージを
コメント入力欄に打ち込んで頂ければ
担当スタッフよりご返信させて頂きます。
進路相談や社会人通学など、何でもご相談下さい。
パンフレットやホームページだけでは
わかりにくいところまで様々な情報発信をしています♪