国立音楽院

音大卒業生の進路として

国立音楽院にはさまざまな経歴、音楽経験の方にご入学を頂いております。 音楽大学を卒業後の進路として、また少しブランクがあって音楽への復帰を考えている方など、「音楽の仕事」探しに入学される方が増えています。 音大卒業生たちにまず驚かれるのは、音楽大学にはない社会に活かせる実践的な授業と「即興演奏」。 「即興演奏」を身につけて、カルチャーセンターでの音楽講師、施設での音楽療法士としての活躍、プレイヤーなど、在校中から仕事をする人も少なくなりません。一生涯、音楽に携わっていくチャンスをここで掴んで下さい。

「1年コース:専門部」、「2年コース:本科」のご案内

  • 1年間のショートプログラムコース

    様々なライフスタイル・目的・経験(未経験の方も大歓迎です)・レベル・履修スケジュールに応じたカリキュラムを組むことができます。
    通常のコースでは2年制(昼間部・夜間部のどちらかが選べます)となっておりますが、1年間学ぶショートプログラム「専門部」もございます。
    「専門部」として1年間通われた後に、2年制コースの「本科(各学科)」へ進級する事も出来ます。面倒な手続きは不要。希望される学科の学費との差額をお支払い頂くだけでもっと学びたい!というお気持ちを叶える事ができます。まとまった期間と学費を費やす事を考えるとハードルが高く感じられる方は、まずは1年間通ってみてその後を考えるという選択をされる方も多くおられます。

  • 2年間の本科コース 昼間部・夜間部

    アカデミックな音楽教育を受けてこられた方にも求められる「お仕事の現場」に繋がるプラスαを。
    これまでに修得されてきた知識や技術を生きたものにするために、社会生活や仕事現場と直結する現実的な人間力を身に付けます。国立音楽院では音楽を総合的に学べるよう様々な学科をご用意しているだけでなく、目的や目標に合わせて時間割を自由に組むことができます。福祉・教育の現場に音楽を応用する為に即興演奏力を磨いたり、楽器製作や修理の技術・調律などを学んだり、音楽ビジネスの発想を学んだり。組み合わせ方は自由です。音楽+サムシングで確かな未来を築きませんか?
    平日夜間(18:00~21:00)と土日終日の履修が可能な夜間部もご用意しています。生活スタイルや選択したい授業スケジュールに合わせながら、コースをお選び頂けます。
    即戦力として求められるプロフェッショナルな技術を向上させるべく、3年目・4年目と、学習に必要な期間を延長していく事の出来る「研究科」へ進級する事で、音楽と共に生きる歩みを確かなものにしていく事もできます。

  • 音楽と人との偶然の出会い。
    私の進む道を見い出すことができました。
    比嘉 恵莉菜管楽器リペア科2年(沖縄県立芸術大学出身)

    大学で音楽を専門的に学んだ後、管楽器の構造等に興味を持ち、管楽器リペア科のある国立音楽院に入学しました。この学校では、専門的に管楽器リペアを学ぶと共に、演奏等のレッスンや個人レッスンを受けることが出来ます。私の場合、管楽器リペアを職にしようと思い入学致しましたが、在学中に色々な縁や出会いがあり、在学中からトランペットの講師を始め、演奏の道に進もうと決めました。自分で受ける授業を自由に決められるオープンシラバス制度は、そういった進路変更にも対応しやすく、進みたい道の選択を広げることが出来ます。やりたいことが決まっている場合は、必要な授業だけを専門的に学ぶことが可能ですし、決まっていない場合でも、様々なジャンルの色んな授業を受けて探す事も可能です。卒業後は、この学校で得た知識や経験を生かして、講師と演奏活動を続けていこうと考えています。

  • 音楽大学にはなかった実践的な授業。社会に活かせる音楽を学び、音楽講師として自信につながりました。
    平野 美咲専門部(武蔵野音楽大学出身)

    音大卒業後、ピアノ講師として勤務してきましたが、仕事に慣れるにつれ自分の指導力に自信が持てなくなりました。そんな時に国立音楽院を知り、1年間の専門部ならば仕事や家庭の負担にならずに通いやすいと思い入学を決めました。ここには、ピアノ講師を育成するための授業がいくつもあったり、ジャズやコード、リトミック等の授業もあります。音大には無かったことを学べたことでスキルアップできたように感じ、自信がついてきました。国立音楽院に入学し、本当によかったです。

  • 新しい仲間達との出会い。
    自分の弱点の克服と音楽を基礎から見直すチャンス。
    髙堂 暁管楽器リペア科2年(武蔵野音楽大学出身)

    音大卒業後、あがり症で演奏家を断念し、クラリネットの指導者として活動していましたが、楽器が悪いのに自分のせいだと思いつめる学生達を見て、その場でなおしたいと思い、リペアの勉強することを決意しました。国立音楽院に入学すると、様々な経験を積んできた学生との出会いがあり、大学時代にはなかった刺激を受けました。そんな周りの影響で、リペア以外の時間をクラリネットの基礎の見直しと、諦めていたあがり症の克服に当て、大学時代よりももっと充実した時間を過ごせています。

  • 私の可能性を広げてくれる音楽大学にはない「自由」。
    峯村 玲南作曲アレンジ科1年(洗足学園音楽大学出身)

    私は小さい頃から様々な音楽に触れたいと思っていました。音大ではクラシックを専攻しましたが、やはり他のジャンルの音楽も勉強したいと思い国立音楽院に入学しました。国立音楽院の魅力は実践的で自由度が高いカリキュラムです。入った当初はシンガーソングライター志向でしたが、途中からピアノやキーボードをメインにして、授業やレッスンを変更しました。ここでは求めれば求めた分だけ返ってきます。そして同じように音楽の道を志す仲間が沢山います。日々学ぶことが多く、充実した毎日を過ごしています。ここでの学びを糧に、様々なシーンで活躍するミュージシャンになりたいです。

国立音楽院 LINEからお問い合わせ

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容をタップしてください。