チャットで資料請求・学校説明会

国立音楽院

音大卒業生の進路として

国立音楽院にはさまざまな経歴、音楽経験の方が在籍しています。音楽大学卒業後の進路として、また少しブランクがあって音楽への復帰を考えている方など、「音楽の仕事」探しに入学される方が増えています。音大卒業生たちがまず驚くのは、音楽大学にはない社会に活かせる実践的な授業と「即興演奏」。「即興演奏」を身につけて、カルチャーセンターでの音楽講師、施設での音楽療法士としての活躍、プレイヤーなど、在校中から仕事をする人も少なくありません。一生涯、音楽に携わっていくチャンスをここで掴んで下さい。

「1年コース:専門部」、「2年コース:本科」のご案内

  • 1年間のショートプログラムコース

    様々なライフスタイル・目的・経験(未経験の方も大歓迎です)・レベル・履修スケジュールに応じたカリキュラムを組むことができます。
    通常のコースでは2年制(昼間部・夜間部のどちらかが選べます)となっておりますが、1年間学ぶショートプログラム「専門部」もございます。
    「専門部」として1年間通われた後に、2年制コースの「本科(各学科)」へ進級する事も出来ます。面倒な手続きは不要。希望される学科の学費との差額をお支払い頂くだけでもっと学びたい!というお気持ちを叶える事ができます。まとまった期間と学費を費やす事を考えるとハードルが高く感じられる方は、まずは1年間通ってみてその後を考えるという選択をされる方も多くおられます。

  • 2年間の本科コース 昼間部・夜間部

    アカデミックな音楽教育を受けてこられた方にも求められる「お仕事の現場」に繋がるプラスαを。
    これまでに修得されてきた知識や技術を生きたものにするために、社会生活や仕事現場と直結する現実的な人間力を身に付けます。国立音楽院では音楽を総合的に学べるよう様々な学科をご用意しているだけでなく、目的や目標に合わせて時間割を自由に組むことができます。福祉・教育の現場に音楽を応用する為に即興演奏力を磨いたり、楽器製作や修理の技術・調律などを学んだり、音楽ビジネスの発想を学んだり。組み合わせ方は自由です。音楽+サムシングで確かな未来を築きませんか?
    平日夜間(18:00~21:00)と土日終日の履修が可能な夜間部もご用意しています。生活スタイルや選択したい授業スケジュールに合わせながら、コースをお選び頂けます。
    即戦力として求められるプロフェッショナルな技術を向上させるべく、3年目・4年目と、学習に必要な期間を延長していく事の出来る「研究科」へ進級する事で、音楽と共に生きる歩みを確かなものにしていく事もできます。

  • ヴァイオリンに携わる将来の選択肢を見つけ、その夢を叶えたい
    三原 亮馬ヴァイオリン製作科1年(上野学園大学 音楽学部音楽学科 卒業)

    13年間続けてきたヴァイオリンを人生に活かしていくため音楽大学を卒業後、演奏だけではなくヴァイオリンの製作に携わる将来の選択肢を見つけて、家族や中学からお世話になっている個人レッスンの先生も巻き込んで学校見学に来ました。学校見学では側板の曲げの体験しました。入学後、実際に作業を進めていくと難しいところがたくさんありますが、その作業が上手くできるようになったり、先生から褒められたりした時の感動はひとしおです。そんな一日一日の作業を積み重ねていくうちに、一日でも早く楽器を完成させたい気持ちと、先生に認めてもらいたい気持ちが高まります。ヴァイオリンを1本製作後は、修理にも興味がありそこまでを学んで仕事にしたいと思っております。これは地元の個人レッスンの先生(恩師)と約束した、先生の生徒さんの楽器を点検したりメンテナンス、修理を出来るようになるという目標があります。そして最終的な夢は、職人になることです。

  • 音楽に本気で向き合う人を支えられるリペア師になりたい
    西前 那奈管楽器リペア科1年(鹿児島大学教育学部音楽専修 卒業)

    大学在学中、様々な学校の吹奏楽部や金管バンド部の指導に行っていました。そこで状態の芳しくない楽器で一生懸命練習するこどもたちと出会い、とても苦しい思いでした。これを機に管楽器リペアという仕事への関心が強まり、国立音楽院に入学しました。リペアの授業は、想像以上に繊細でした。初めは上手くいかないことも多々ありますが、回数を積み重ねて技術を習得すると喜びもひとしおです。また、演奏者としても毎日が充実しています。個人レッスンでは吹き方を一から見直したり、オープンシラバスでオーケストラやビッグバンドなど様々な分野の合奏も学んでいます。これからも、誰よりも努力して技術を習得することを目標に、いつの日か音楽に本気で向き合う人を支えられるリペア師になりたいと思います。

  • 音楽を学ぶには最適の環境自分の夢を現実にしたい
    野村 梨花管楽器リペア科2年(昭和音楽大学短期大学部 卒業)

    音楽大学では主科で電子オルガンを専攻し、副科でサックスとトロンボーンを専攻していました。音楽大学卒業後は夢であった管楽器リペアの仕事をしたいと思い、大学在学中に管楽器リペアを学べる学校を何校か見学しました。演奏系の授業も履修したかったので、オープンシラバス制の国立音楽院に入学しました。現在管楽器リペアの授業以外に、ウインドオーケストラなどの演奏系の授業も履修し、サックスやトロンボーン、テューバなど今までの経験を生かし様々な楽器を演奏しています。演奏とリペアは表裏一体と考えていて、私にとってはとても良い環境で学べています。今は充実した日々を過ごしていて、これからも一歩一歩しっかりと学んだことを踏みしめ、自分の夢を現実にしていきたいです。

国立音楽院
へのお問い合わせは
LINEが便利!

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、
カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容を
タップしてください。

友達追加をした後は、気になるメニューを
押してみて下さい。
気軽な情報収集のほか、直接メッセージを
コメント入力欄に打ち込んで頂ければ
担当スタッフよりご返信させて頂きます。
進路相談や社会人通学など、何でもご相談下さい。
パンフレットやホームページだけでは
わかりにくいところまで様々な情報発信をしています♪