チャットで資料請求・学校説明会

国立音楽院

新聞奨学生制度

「自立したい!」という志と「夢に本気!」を応援します。

経済的な負担が軽減され、本気で自分の夢や希望に向い安心して学業と仕事の両立を目指します。日経新聞は日本経済のブレーンとして質の高い読者の期待に応え、確かな信頼と価値ある情報を発信。そんな情報源を各ご家庭にお届けする日本経済新聞育英奨学会の新聞奨学生たちは、限られた時間内で学業に集中し、好きな音楽と仕事を両立させ、目的に向かっています。世界最大の経済紙「日経」だから、社会的使命とやり遂げた達成感は人間形成にも大きく役立つことでしょう。

日本経済新聞育英奨学会 5つのポイント

  • 01 奨学金は無利息で借りることができ、卒業時に返済免除となります。
    ※奨学金の借り入れが免除額を超える場合は、卒業時に一括返済となります。
  • 02完全個室を無料で用意。
    ※全室にエアコンまたはクーラー完備。全店(NSN)にシャワールーム・シャワートイレ完備。
  • 03集金業務やセールスはなく、休日は4週6休。
    プライベートも充実できます。
  • 04東京地区で一番奨学生が多く、
    女子学生もたくさん在籍しています。
  • 05就職活動をバックアップ。
    ※セミナーの開催や就職推薦状の発行。

国立音楽院は日経育英奨学会の特別協力校です。
在学中の生活費と学費返済の心配はありません。

日本経済新聞育英奨学会の制度と国立音楽院の報奨金で学費と諸経費は全額免除。
・日本経済新聞育英奨学会からは2年間に必要な学費貸与額全額(2年間で220万円)が奨学金として支給されます。(自己負担なし)
・220万円を超える諸経費は報奨金として国立音楽院が免除します。住居は全店完全個室、部屋代は無料です。給与も日本経済新聞育英奨学会から支給され、生活費はそちらでまかなえます。1泊2日の宿泊体験や2泊3日の通学体験で入学前に新聞奨学生の生活体験ができるフォーローアップも行っております。

2年制奨学生コース

返済不要限度額 220万円

  • 2年間に必要な学費を全額貸与します(返済不要)。
  • 220万円を超える諸経費は褒賞金として本音楽院が免除します。
  • その他販売店より給与が毎月支給されます。
  • 夜間(2年)の学生も大歓迎。専売所配達で好都合。

例)国立音楽院 管楽器リペア科の場合(昼間部)

1年次
1,380,000円
2年次
1,180,000円
催事運営費(2年間合計)
60,000円
工具代(2年間合計)
270,000円
2年間の諸費用
2,890,000円

ですが、690,000円は報奨金として免除します。

  • ※1泊2日の体験入店(宿泊は無料で交通費のみ自己負担)
    仕事場やお住まいの見学と1泊2日で仕事や食事などの奨学生生活を実際に体験できます。
  • ※国立音楽院が日経育英奨学会から確保している定員があり、褒賞金の免除措置はその範囲内といたします。
    詳しくは本音楽院の入試事務局までお問い合わせください。

新聞奨学生の紹介

  • 人前に立って「人に届く歌」を表現したい

    声楽・オペラ科1年辻 紗奈

    私は元々、別の学校の新聞奨学生でした。営業所の先輩が国立音楽院に通っていて話を色々と聞くうちに興味が湧いて入学を決めました。高校卒業後の進路として音楽の道も考えていた事があり、自力では難しい部分のスキルアップをしたい!と思っていました。実際に通ってみると、この学校はクラス分けもなく誰がどの学科かわからないのが不思議。全然違うジャンルの授業でも「また会ったね!」となるのが楽しいです。高校生も沢山在籍しており、年齢を問わず友達ができるのも面白いです。新聞奨学生はやはり毎日ハードで眠い状態で授業を受けることも多いです(笑)。でも家賃もかからず都心に住めるので、やはり経済的な負担が少ないのは嬉しいです。将来は音楽の仕事に就きたいけど、まずは自分が上手になること。人前に立って「人に届く歌」を表現できるように頑張ります。

  • 新聞奨学生は大変なところもありますが、その分やりがいもあるところが魅力です!

    管楽器リペア科1年舩越 里菜

    初めはコロナの影響で6月中旬まで自粛となり、新聞配達しかできなくとても悩みました。配達も朝2時に起きることやバイク運転など慣れないことばかり。これまでアルバイトの経験が少なく、いきなりの現場はとても大変でした。ですが自粛が解除し学校が始まり、配達業務も少しずつ慣れ楽しい学校生活が始まりました。今までと違う生活リズムのため大変なこともありましたが、学校が始まることで自分の好きなことや新たな目標ができ、充実感あふれる毎日になりました。今では生活リズムに慣れ、管楽器リペアの勉強だけでなくオーケストラなど演奏の勉強にも励んでおります。新聞奨学生は睡眠不足など体調管理で大変なところもありますが、その分やりがいもあるところが魅力です!

お問い合わせ

  • ■ 国立音楽院 入試事務局

    日経奨学制度の特長を理解していただくために、本音楽院にて随時説明会を開催しております。
    詳細は入試事務局にお問い合わせ下さい。

    0120-987-349(フリーダイアル)
  • ■ 日経育英奨学会事務局

    制度の詳細は日経育英奨学会事務局までお問い合わせ下さい。

    0120-00-5725(フリーダイアル)
    https://www.nsn-tokyo.jp/ikuei/

国立音楽院
へのお問い合わせは
LINEが便利!

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、
カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容を
タップしてください。

友達追加をした後は、気になるメニューを
押してみて下さい。
気軽な情報収集のほか、直接メッセージを
コメント入力欄に打ち込んで頂ければ
担当スタッフよりご返信させて頂きます。
進路相談や社会人通学など、何でもご相談下さい。
パンフレットやホームページだけでは
わかりにくいところまで様々な情報発信をしています♪