国立音楽院

新聞奨学生制度

国立音楽院は日経育英奨学会の特別協力校のため、
学費が減免になります。

経済的な負担が軽減され、本気で自分の夢や希望に向い安心して学業と仕事の両立を目指す。
日経新聞は日本経済のブレーンとして質の高い読者の期待に応え、確かな信頼と価値ある情報を発信。そんな情報源を各ご家庭にお届けする日本経済新聞育英奨学会の新聞奨学生たちは、限られた時間内で学業に集中し、好きな音楽と仕事を両立させ、目的に向かっています。世界最大の経済紙「日経」だから、社会的使命とやり遂げた達成感は人間形成にも大きく役立つことでしょう。

日本経済新聞育英奨学会 6つのポイント

  • 01東京地区で一番奨学生が多く、
    女子学生もたくさん在籍しています。
  • 02奨学金は無利息で借りることができ、
    卒業時に返済免除となります。
  • 03集金業務はなく、休日は4週6休。
    プライベートも充実できます。
  • 04完全個室を無料で用意。全室にエアコンまたはクーラー完備。
    また全店(NSN)にシャワールーム・シャワートイレ完備。
  • 05日経は読者の入れ替わりが少ないため、
    配達先を覚えやすいです。セールスは一切ありません。
  • 06就職活動をバックアップ。
    セミナーの開催や就職推薦状の発行。

国立音楽院は日経育英奨学会の特別協力校です。
在学中の生活費と卒業後の学費返済の心配もありません。

本経済新聞育英奨学会の制度と国立音楽院の報奨金で学費は全額免除。
日本経済新聞育英奨学会からは2年間に必要な学費貸与額全額が奨学金として支給されます。(自己負担なし)220万円を超える諸経費は報奨金として国立音楽院が免除します。住居は全店完全個室、部屋代は無料です。給与も日本経済新聞育英奨学会から支給され、生活費はそちらでまかなえます。1泊2日の宿泊体験や2泊3日の通学体験で入学前に新聞奨学生の生活体験ができるフォーローアップも行っております。

2年制奨学生コース

返済不要限度額 220万円

  • 2年間に必要な学費を全額貸与します(返済不要)。
  • 220万円をこえる諸経費は報奨金として本音楽院が免除します。
  • その他販売店より給与が130,100円毎月支給されます。
  • 夜間(2年)の学生も大歓迎。専売所配達で好都合。

例)国立音楽院 管楽器リペア科の場合(昼間部)

1年次
1,350,000円
2年次
1,150,000円
催事運営費(2年間合計)
60,000円
工具代(2年間合計)
260,000円
2年間の諸費用
2,820,000円

ですが、620,000円は報奨金として免除します。

  • ・ 1 泊 2 日の入店体験(宿泊は無料で交通費のみ自己負担)
    仕事場やお住まいの見学と 1 泊 2 日で仕事や食事などの奨学生生活を実際に体験できます。
  • ・ 国立音楽院が日経育英奨学会から確保している定員があり、報奨金の免除措置はその範囲内といたします。詳しくは本音楽院の入試事務局までお問い合わせください。

新聞奨学生の紹介

  • 本気で勉強をしたい、
    本気で夢を叶えたい。

    プロミュージャン科1年須田 有里弥

    僕は高校を卒業して、1年間は社会人として働いていたのですが、音楽が好きで音楽の道に進みたいと思い、国立音楽院へ見学に行きました。そこで、一人暮らしでバイトをしながら学費を払うのが難しいことが分り、紹介してもらったのが新聞奨学生でした。体力的に大変だけれど、学費や生活面では十分にやっていけることが分かりました。
    不安を抱えながらスタートした新聞奨学生でしたが、始めてみて良かったと思う事が2つあります。1つ目は、寮でお母さん(寮母さん)の作ってくださるご飯が美味しいという事です。仕事は体力勝負なので食事は大切です。2つ目は、朝刊の配達終わりで午前中から学校にいることが多いのですが、午後に比べると他の学院生が少なく、一人で集中してストイックに練習に取り組めることです。毎日、新聞配達しながら学校にも通う日々は大変充実しています。

  • 厳しかった毎日とやり遂げた達成感。
    やりたいことができた充実感。

    シンガーソングライター科1年神﨑 友理

    私は大学を卒業して数年間、社会人として働いていました。しかしやりがいを感じられず、他の道に進みたいという思いが日に日に大きくなり、ずっと好きで憧れていた音楽の世界に入ってもっと深く学んでみたいと思うようになりました。私の年齢から新しいことを始める不安もありましたし、2年間学校に通うにはお金もかかってしまうので、もう一歩踏み出せずにいました。
    そんな中、学費も全額免除で、寮もあり生活面でも安心で、給与も毎月安定して頂ける新聞奨学生という制度が国立音楽院にあることを知り、こんな良い制度があるのかと驚き、やってみようと一歩踏み出すことができました。
    実際やってみると、想像していた以上に大変で、毎日仕事と学業の両立で一日があっという間に過ぎていきますが、それ以上に国立音楽院で学ぶことが楽しく、毎日が充実していて、本当に国立音楽院に来て良かった、この制度を利用して良かったと心から思っています。

お問い合わせ

  • ■ 国立音楽院 入試事務局

    日経奨学制度の特長を理解していただくために、本音楽院にて随時説明会を開催しております。
    詳細は入試事務局にお問い合わせ下さい。

    0120-987-349(フリーダイアル)
  • ■ 日経育英奨学会事務局

    制度の詳細は日経育英奨学会事務局までお問い合わせ下さい。

    0120-00-5725(フリーダイアル)
    https://www.nsn-tokyo.jp/ikuei/