国立音楽院

  • 作曲アレンジ科

    □クラシカルセクション □コンピューターミュージックセクション □ノンジャンルセクション □現代音楽セクション □ジャズセクション □ポピュラー・ロックセクション □映像音楽セクション
    昼間部・夜間部 【2年制/男女20名】

    さまざまな音楽性を磨き、感性豊かなクリエーターを目指します。

    作曲ができれば、なんでもできる。クラシック、ポップス、ジャズ、アレンジ… 国立音楽院には、即興演奏を育てる環境と自由な創造性があります。アレンジ技法をしっかり学びオリジナル性に磨きをかけ、在学中から傑作を創作してください。励んで、楽しんで、きっと到達できる、作曲家の自分を祝福しよう。

    取得可能資格・進路

    • 作曲家
    • ジングル(CM音楽)ライター
    • ミュージシャン
    • DTM-DAWの楽曲制作者
    • マニピュレーター
    • シンガーソングライター
    • アレンジャー
    • オーケストラ編曲者
    • 映像音楽作曲家
    • MIDI検定2級・3級
    • 作曲講師
    • その他履修科目に応じた資格取得

レッスンのポイント– POINT OF LESSON –

プロフェッショナルへの道

  • ロック・ジャズ・ポップスコンポーザー(作曲家)
    コンポーザーは憧れの職業名の一つですが、これは作曲だけでなく、編曲からプロデュースまでマルチにこなす作曲家を呼ぶケースが多いのです。需要の大きいロックやJ-POPの作曲において、自己の才能やエネルギーを多面的に生かす能力などをどれだけ生み出せるかどうかがプロへのボトルネックとなります。どんどんデモ音源を作ってレコード会社やプロダクションに持ち込むのが、いちばんの近道と言えます。
  • クラシカル作曲
    今は、前衛的で近寄りがたい分野ではありません。ロマン派的な曲が、現代のドラマによく合ったり、どんな作風にも商品価値があります。国立音楽院ではクラシカルを専門とする優秀な現役作曲家が多く指導講師を務めており、専攻生の個性に最もよく合致した指導ができます。どんな膨大なオーケストラ曲でも、必ず初演してもらえる授業があるのも自慢です。エルガーばりのヴァイオリン協奏曲の長大傑作を書き上げ、50人のオケと自作自演した学院生もいます。
  • アレンジャー
    作曲家が作るのがメロディーなら、それ以外の全て=イントロ・伴奏・バックコーラス・間奏・エンディングまでを担当するのがアレンジャー。音楽理論に詳しく、幅広く音楽を聴き知り、コード演奏が弾けることが基本的条件です。本科ではこれらをバランス良く学び、着実にマスターして、高度で万能な音楽的素養を武器とするアレンジャーを目指します。
  • 即興演奏
    名曲「Misty」を作曲したのはジャズピアニスト、エロール・ガーナーです。「上を向いて歩こう」や「遠くへ行きたい」の中村八大もジャズピアニストでした。世界で演奏されている曲の多くはジャズミュージシャンのペンに成り、ヒットソングだけでなく、子供の歌やCMソングまであらゆる分野にわたります。ジャズと言う音楽は作曲そのものだからです。アドリブは即興による作曲のこと。ジャズの勉強は作曲の勉強なのです。国立音楽院ではジャズ理論、コード、作曲、編曲のカリキュラムとともに体系的に専門的に学習することができます。
  • コンピューターミュージック
    DTMからDAWに至る音楽制作を学び、ゲームミュージックやCM音楽まで制作できる幅広い音楽性、オリジナリティの追求に対応できるカリキュラムです。国立音楽院のシステムはMacを主体に構築。LogicやCubaseをベースにDTM、DAWのスキルを身につけます。自宅の環境との連動も可能、優れて実践的な環境です。楽器のできる人なら自分以外のパートの全てをコンピューターで制作。アレンジャー、リミキサーのテクニックや、多彩なエフェクターもマスターし、いま最も需要の多い音楽分野のクリエイターの仕事があります。
  • カリキュラムの一例– CURRICULUM –

    必 修

    • 実 技

      実技レッスン一覧 から
      選択してください
      ワンツーワン方式で行う実技レッスン。 受講生の目的に適した指導講師が各自のレベルや志向に合わせて指導します。将来の資格取得や目標を見据えたレッスンを履修してください。
    • 科 目

      1. ● コード
      2. ● アナリーゼ
      3. ● 和声
      4. ● 対位法
      5. ● オーケストレーション
      6. ※この他、作曲アレンジ科に関する授業のなかから自分で必修科目を決めます。

    選 択

    科 目

    オープンシラバス
    自分が好きで学びたい事を全授業の中から選択
  • 学院生からのメッセージ– MESSAGE –

    中野 貴世 社会人入学

    もともと趣味で作曲をしていたのですが、改めてしっかり勉強したいと考え入学を決めました。主に作曲の実技レッスンやオーケストレーションを学びつつ、オープンシラバス制度を活用して様々な科目を自由に選択して学んでいます。オーケストラや室内楽、合唱など、自分が作った曲を実際に生演奏してもらえる機会が多く、自分の音楽の幅が大きく広がりました。これからも勉強を続け、釣れる音楽の幅をもっと広げていきたいです。

TOPICSジャンルにこだわらず、創造性を尊重した授業です。

国立音楽院には作曲を専門とする先生方が数多く、クラシックからジャズ、ポップス、映画音楽、DTMまで豊かな天性とユニークな個性ぞろい。「オーケストレーション実習」の授業では、学院生の作曲をオーケストラで試演(世界初演!)してもらえるのは、最高の喜びです。国際的作曲家の先生が2人、スーパーギタリストでもあるティム・ドナヒュー先生は「TV/CM・映画・映像のための作曲」で、名画を無音で映写して曲を考えさせたり、ジョナサン・カッツ先生の「Modern Writing」では生徒の自由を尊重してどんなスタイルでも対応し、強いオーラの眼で真剣に指導します。実力がつかないわけがありません。