国立音楽院

2018年04月17日

高等部の相原麻利奈さんが取材を受けました

  • 高等部

障がいがあってもピアノと一緒に夢を叶えたい

高等部の相原麻利奈さんはASD(自閉症スペクトラム)で、周囲からの無理解、偏見など様々な困難にぶつかってきましたが、
過去は振り返らずに、夢に向かって前進しているんですとは、お母様の言。
ピアニストになるという夢に向けて、音大受験を目標に勉強中。
(澤田先生と二人三脚でゆっくりじっくり、本格的なレッスン中)

グランドピアノが並ぶ国立音楽院ウイングルームで澤田講師が相原さんにピアノ指導している様子。

朝日新聞からインタビューを受けました

そんな相原さんが朝日新聞の取材を受けました。
東京版の土曜日に4月から連載が始まった、「凸凹の輝く教育」の記事になる予定です。

同じ教室内でインタビューに答える相原さんとお母様。
※インタビューに答える相原麻利奈さんとお母様

掲載日等決定しましたらお知らせします。お楽しみに!

2018/5/14追記:
2018年5月12日付で掲載されました


障がいがあっても、不登校でも、音楽が大好き。
そんな君たちのための中等部・高等部です。
随時見学・授業体験受付中。

詳しくはこちら

国立音楽院 LINEからお問い合わせ

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容をタップしてください。