国立音楽院

2018年08月19日

ピアノを作る!? ピアノ調律科によるアクションモデル製作実習

  • ピアノ調律科

本日はピアノ調律科の実習が行われました!

今回の実習は「アクションモデル」の製作実習という事なんですが、どのような内容だったのでしょうか。参加していた学院生に簡単な説明と、感想を伺いました♪

–アクションモデルとは何でしょうか?

アクションモデルとは、ピアノの音が出る仕組みがわかりやすいように構造の一部分を抜き出したもので、鍵盤を押す事でハンマーに力を伝えて弦を叩くまでの部品です。

…言葉で説明すると難しい!!笑

–(笑)では、完成品を楽しみにしていますね!実際に製作してみた感想を聞かせて下さい!

はじめはキットか何かがあると思っていたのですが、木を切って部品をひとつひとつ作るところから始まって組み立てに入っていったので、驚きました。

でも部品をひとつひとつ作ったおかげで、複雑な構造が少し理解できたように思います。

(コメント協力:ピアノ調律科・匿名希望さん)

–コメントをありがとうございました!

引き続き、製作の様子を追っていきたいと思います^^

ライター:山P

国立音楽院 LINEからお問い合わせ

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容をタップしてください。