国立音楽院

2018年07月24日

芸術鑑賞会~日本音楽文化論~

  • 和楽科
  • 弦演奏科

「日本音楽文化論」の授業として、7/21(土)学生達と国立劇場へ芸術鑑賞会へ行ってまいりました。

まずは体験をします。篳篥(ひちりき)や笙(しょう)を実際に演奏させて頂きました。独特な息使いに苦戦しつつも音が出ました♪感動ですね。
そして舞台を鑑賞。実際に雅楽「越天楽・えてんらく」「胡飲酒・こんじゅ」を。声明では「天台声明」を。とても有意義な時間になり、学生はとても興奮し「楽しかった」と絶賛でした。
講師の前島美保先生も、ここまで喜んでくれて見入ってくれて、本当に良い体験ができたと仰って下さいました。↓は「越天楽」の楽譜になります。洋譜と全く違いますね。

そして、お土産を購入して帰路につきました。チケットを入れる為のファイルです。きちんとサイズが合っているのが素敵です。
短い時間でしたが、日本の文化に触れることができて大満足の芸術鑑賞会となりました。LoveMusic♪