国立音楽院

2018年08月24日

JASAサマフェス2018開催♪

  • 障がい児(者)学習コース
  • 高等部

本日は、Japan Alternative School Associationサマフェス2018が開催されました♪

日本列島には台風20号が迫っており心配されておりましたが、無事に開催致しました!
今回の参加校は、
国立音楽院 
トライ式高等学院
東京文理学院高等学校 
翔志学園高等学校

計4校です

カラオケ、バンド、弾き語りなど形態は様々でした!

国立音楽院では、プレイヤー以外にも「イベント制作」という裏方向けの授業があります。
そこでは学生が主になってライブを作り上げます。
本格的なPAミキサー卓や照明、ステージまわりを本格的に学べます。

毎回のイベントでは、授業の一貫として学生たちがアイデアを出し合いながら実践的にすすめています。
初めはできないのは当たり前!焦らずに経験を積み重ねていくことで立派なスタッフへ成長していきます^^

「ドリンクを買うとKMAオリジナルピックがもらえる!」
いや~素晴らしいアイデアですね^^

見えない未来かもしれないけれど、演じる側も支える側もまっすぐな気持ちで突き進んでいくことが大事です!
高校生のうちは細かい事は考えずにやりたいことを思いっきり表現してもらいたい!
きっと未来への声は届くと思います!

失敗を恐れず挑戦して、自分を研究しながら軌道修正していく。
そうして音楽と真剣に毎日向き合っていると新しい自分に出会えたりもします。

将来音楽関係の仕事に就きたいと考えている人は多いと思います!
国立音楽院には、すべての音楽があり、新たな才能に気づくこともできます!
それには、興味を幅広くもち、小さな目標でも良いので挑戦し続けることです!
遠回りしているようですが、自分に必要なものをかき集めているんだと思います!

つまり、高校3年間は、自分探しの旅でもある。

さぁ、自分のステージへ
光の射す方へ

Writer:Rock Shindo