国立音楽院

2019年02月06日

【作曲 アレンジ科】2018年度 オーケストレーション試演会

在校生による新作オーケストラ作品の発表会を開催

大曽根 浩範講師が受け持つオーケストレーション 基礎の履修生による新作オーケストラ作品の試演会を開催致します。
一般の方も見学ができます。お気軽にお立ち寄り下さいませ。

公演情報

◆ 2018年度オーケストレーション試演会

2019年2月28日(木)12:00~

会場:国立音楽院 B1F コンサートステージ
演奏:飯吉 高 指導 / 国立音楽院管弦楽団
オーケストレーション基礎 担当:大曽根 浩範
指揮:飯吉 高

演目

1.久垣 千弥 – 移り変わり 秋
2.岡田 レイナ – 夜明け
3.山田 瑞稀 – 友への思い
4.佐々木 敏恵 – LA STRADA ~道~ (作詞・Vocal 佐々木敏恵)
5.東村 琴恵 – END THEME
6.大倉 奏太 – 焚き火

ご予約・お問い合わせ

ご予約は基本的に不要ですが、会場のスペースには限りがございます。
ご来場者多数の場合、事前にご予約を頂いていた方を優先的にご案内させて頂く事がございます。
ご理解とご協力をお願い致します。

ご予約やお問い合わせは下記より承ります。

国立音楽院
〒154-0001 東京都世田谷区池尻3-28-8
Tel : contact@kma.co.jp
Mail : contact@kma.co.jp

講師紹介

大曽根 浩範

東京藝術大学音楽学部作曲科を首席で卒業、同大学院修了。文化庁主催「国民文化祭ふくい」閉会式やNHKの番組「ニッポンの里山」の音楽、「8Kスーパーハイビジョン・コンテンツ」の音楽を多数手がけ、宇宙博2014のNHKブースの音楽を担当。「宇宙博8Kシアター」と「ニッポンの里山」のCDが発売中。また吹奏楽《東北地方の民謡によるパラフレーズ》が「題名のない音楽会」で放送され、東京ハッスルコピーより楽譜が発売されているほか、NHKWorldの番組「BLENDS」の和楽器アレンジを多数担当。ゲーム音楽やイベント等のオーケストラ・アレンジ、和楽器による舞台音楽なども手がける。

 


 

飯吉 高

ジャズピアニストの実父飯吉馨に音楽の手ほどきを受け、その後3歳よりピアノを、14歳よりトランペットを学ぶ。祖堅方正氏(元NHK 交響楽団首席)に師事。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学卒業。1986年より「アンサンブル・ブリランテ」を主宰し、全国各地の学校を中心に千回以上のコンサートを開く。現在、指揮、作・編曲、トランペットで幅広く活動している。フェリス女学院大学音楽学部・洗足学園音楽大学非常勤講師。