国立音楽院

2018年05月18日

謎の多いと言われているヴァイオリン製作室の1コマ

  • ヴァイオリン製作科
  • 弦演奏科

ヴァイオリン製作というと職人気質、そして硬いイメージがつきものなのですが、国立音楽院ヴァイオリン製作室の中はとても和やかで居心地の良い空間です。「1人1卓」個々の作業スペースは完備されております。細かい作業が多いので、適度な息抜きは必要です。


世代や学年、国籍の枠を越えてみんな和気藹々とアンサンブルを楽しんでおります。誰かが演奏をはじめると自然に中央によってきてアンサンブルが始まる。音楽学校ならではですね。今回はたまたまヴァイオリン奏きばかりですが、ヴィオラ、チェロ、コントラバス専攻の方もいますよ。未来の職人さん達。応援しています。Love Music♪