国立音楽院

2018年12月13日

音楽を仕事に。学院生のシンガーソングライター ユニットが演奏!

  • アートセラピー科
  • シンガーソングライター科
  • プロミュージシャン科
  • 作曲アレンジ科
  • 専門部
  • 音楽療法学科

東京で発声法などミュージシャンとしての技能を高め活躍する

宮崎県出身の森田 杏美・北海道出身の武内 健によるアコースティック・デュオあずけん。彼らのことはこれまで国立音楽院でもブログ・動画・広報誌「Rapport(ラポール)」など、様々なご紹介をしてまいりましたが様々なライブ経験を積むとともに、日々のレッスンや練習を通じ確かな実力も身に付けています。

広報誌・ラポールの誌面をご紹介。武内 健くんと森田 杏美さんのインタビューと、レッスンを受け持つ岩崎 慧先生・我那覇 美奈先生からの応援コメントも書かれています。
(画像:広報誌・ラポールのあずけん特集記事)

昨年のラポール取材時に「目指していること」として挙げていた地元の北海道と宮崎でライブすることは早くも今年に実現しています。しかもただのライブではなく、ワンマンライブを3本・全て満員御礼という大活躍!

(関連記事 : 宮崎県での凱旋ワンマンライブ https://www.kma.co.jp/blog/post-5679/
(関連記事 : 札幌での凱旋ワンマンライブ https://www.kma.co.jp/blog/post-7612/

 

こうした凱旋ワンマンライブの他にも、東京でライブ活動を続ける彼ら。そんな中ライブを観て頂いた方から繋がりが生まれて、こんな演奏の機会を頂いたようです。

アプルール材木座という老人ホームで無料開催された「夢たまごライブ」の開催情報。出演は「あずけん」、お笑い芸人「横浜ヨコハマ」さん、大道芸人「あんころもち」さん。

今回の催しはこの老人ホームで不定期に開催されているというイベントで、いつも色々な分野の新人さんがパフォーマンスをしているようです。福祉の現場に音楽を活かした(国立音楽院では東京・鳥取・宮城の各校で学べる)音楽療法にも通ずる内容。今回あずけんのお二人はこのイベントに初参加でしたが、お笑い芸人さんや大道芸人さんのパフォーマンスに続き、演奏しました。

施設の高齢者の前で演奏をする「あずけん」の2人。武内君の手にはアコースティックギター、森田さんの手にはピアニカ。マイクを使わずに弾き語りライブを行いました。

いつも演奏しているような「ライブ」とはまた全然違った空気感だったようですが、手拍子で応えてくれるなど皆様の表情や反応を通じ、あずけんのお二人にとっても新しい経験となった様子。またひとつパワーアップを重ねた二人の活躍から目が離せません。

そんなあずけんはTwitterで動画配信を続けています。
要チェックですよ!

◆ 学院生ユニット・あずけんの動画配信

隔週の月・水・土、21:00にあずけんTwitterで配信中!

国立音楽院 LINEからお問い合わせ

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容をタップしてください。