国立音楽院

2018年04月12日

シンガーソングライターになるには!曲作りの総合力を磨く

  • シンガーソングライター科

自分で作詞・作曲をこなし、歌に乗せてさまざまなメッセージを伝えるシンガーソングライター。

中世は吟遊詩人と呼ばれ、古くから人々の心を揺さぶり感動を与えてきました。

シンガーソングライターを目指す人は多いですが、なるための資格や試験があるわけではないため、シンガーソングライターになるにはどのようなことが必要かわからないという人も多いのではないでしょうか。

今回は、国立音楽院のシンガーソングライター科の取り組みを通して、シンガーソングライターへの道をご紹介します!

目次

シンガーソングライターに必要なのは「総合力」

シンガーソングライターになるには、特別な学歴や資格が必要なわけではありません。しかし、作曲や作詞の能力、さらに歌唱力といった総合的な能力が求められます。

また近年では音源以外にも表現方法が多様化し、曲に映像をプラスすることでより多くの人を惹きつける作品を生み出せるようになりました。
シンガーソングライター科ではこうした時代の流れに則して、音源制作だけでなく映像制作も学ぶことができます。

作詞・作曲や演奏スキルを身に付け総合力を磨く

下記は、シンガーソングライター科のカリキュラムの一部です。

  • ・ヴォイス・トレーニング
  • ・シンガーソングライター実践講座
  • ・作詞法~基本から実践
  • ・作曲の方法論
  • ・楽曲の批評的鑑賞と分析、モチーフ作り
  • ・作曲の準備/モチーフ発表、相互批評、曲の仕上げ
  • ・デモ音源制作と批評会
  • ・アレンジの方法論
  • ・歌唱指導、楽器指導、アレンジ、譜面作成
  • ・レコーディング、ダビング、歌入れ、ミキシング

音楽理論や楽曲制作の専門知識、楽器の演奏スキルや歌唱テクニックを一つひとつ学びながら、オリジナル曲を制作していきます。
レベルに合わせたコースが用意されているので、楽器がまったく弾けないという初心者の人でも大丈夫!基礎を身に付けることで、曲作りの幅が広がりシンガーソングライターとしての大切な基盤ができあがります。

映像制作やアレンジMIXを通じてセルフプロデュース力を高める

シンガーソングライター科では、音源にプラスして視覚で曲の世界観を表現し、より具体的でリアルなメッセージを伝える方法として映像制作を学ぶこともできます。

また、ギターやピアノといったアコースティック楽器で組み立てた楽曲をDAWなどのコンピューターミュージックのツールを使ってアレンジし、精度の高い音源に仕上げていく授業もあります。

オリジナル楽曲の制作だけにとどまらず、アレンジや録音、ライブ、ステージングまでこなす「+α」のスキルを身に付けた「セルフプロデュース力」は、シンガーソングライターにとって大きな武器になるでしょう。

国立音楽院には独自レーベルの「Free&FreeRecords®︎」があります。シンガーソングライター科の学生は他学科の学生やプロ講師と協力して音源を制作し、レーベルから配信・販売することも可能です。

自分の作った楽曲が作品として世に出る経験を早い段階で積めるのは、大きなアドバンテージです。

講師陣は現役のシンガーソングライター

シンガーソングライター科の講師陣は現役のシンガーソングライターであり、音楽の現場の「今」を知るプロです。

岩崎慧先生

3ピースバンド「セカイイチ」の楽曲・作詞を担当するヴォーカル&ギター

種ともこ先生

デビュー当初から作詞・作曲・アレンジなどマルチにプロデュースする女性シンガーソングライター

オータケハヤト先生

「ROCK’A’TRENCH」のドラマーのほか、多くのCMやTVに楽曲提供

ティム・ドナヒュー先生

音楽制作プロデューサーとしても活躍するシンガーソングライター

保科篤志先生

ジャズギタリストのほか作曲家としてマルチに活躍

我那覇美奈先生

アコースティックギターの弾き語りを得意とするシンガーソングライター
国立音楽院の実技レッスンはマンツーマン。
プロとして第一線で活躍する講師陣から、音楽シーンの生きた知識やスキルを直接指導してもらえます。

コンクールやオーディション…売り込みやすいサポート体制

作家事務所のコンペに挑む、作曲アレンジ科の田中さんの様子をパシャリ!

国立音楽院のDTM教室・コンピュータミュージック内で作曲ソフトLogicで自作曲を再生する学生と、それをチェックするDTM講師の福島先生。

Logicで制作した楽曲を、コンピュータミュージック科の福島先生にチェックしてもらっています。
すでに仮歌が入ったところまで進んでいますが、先生からアドバイスを受けて、さらにブラッシュアップしてチャレンジします。

オリジナル曲をデモテープに録音してコンクールやオーディションに応募したり、レコード会社に持ち込んだり…シンガーソングライターのデビューへの道はさまざま。

国立音楽院ではコンクールやオーディション情報をいち早く紹介しています。また、年数回開催されるKMAセレクション・ショーケースでは、大手レーベルやプロダクションが参加するため、目にとまればプロデビューへの道が一気に開かれます。

こうしたデビューへの早道を積極的に用意しサポートできるのは、音楽学校としての強みといえるでしょう。
シンガーソングライター科には、常に音楽と向き合い多くのオリジナル曲を作ってライブ活動や路上ライブを行ったり、積極的にオーディションやコンテストに挑戦するやる気に満ちた学生が大勢います。
国立音楽院のOBである「ゆず」の岩沢厚治氏に続く、オリジナリティに溢れるシンガーソングライターの輩出を、学校をあげて支えていきます。

シンガーソングライター/ミュージシャンとして活躍する卒業生

国立音楽院で曲作りを学び、シンガーソングライターやミュージシャンとして活躍する在校生・卒業生をご紹介します!

卒業生の活躍!「あずけん」♪

期待高まる!在校生 & 卒業生 アーティスト情報「リーブル(libre)」

ミニアルバム発売記念ライブを開催しました!松下正和さん

「れんがのおうち」Live@渋谷 STARLOUNGE 【学院生の活躍】

国立音楽院専門部の卒業生・enaha(エナハ)さんが1st アルバムを発売しました!

多くの卒業生・在校生が、それぞれの持ち味を活かし音楽シーンで輝いています。

 

あなたの中にある音楽の原石を国立音楽院で磨き、世界へ羽ばたいてみませんか?

少しでもご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

コンピュータでの作曲ってどうやるの?と言う方には

◆ コンピュータミュージック作曲講座

最新日程はこちら

 


 

曲作りも演奏もやってみたいという方には

◆ シンガーソングライター科体験講習

最新日程はこちら