国立音楽院

2019年11月19日

エレキビオラと最先端の機材を用いたマニピュレーターが織りなす極上のミニマルミュージックの作り方

  • コンピュータミュージック科
  • 弦演奏科
  • 音響デザイン科

Trinity Laban Conservatoire of Music and Danceの留学試験に来校されていたNIC教授がミニリサイタルを開催。最先端の技術を駆使し、エレキビオラのための新作を披露していただきました。

【Trinity Laban Electric Viola Recital Tokyo】

ELECTRIC VIORA – NIC PENDLEBURY
SOUND DESIGN – JOHN MARC GOWANS

 

●2019年11月9日(土)KMAパラダイスホール 映像

長身で金髪で端正な顔立ちのNICは黒一色の衣装にファッションとミュージックに深く関わりのあるDr.Martensを履いたクールなスタイルで、ミニマル・ミュージックの世界をエレキヴィオラで届けてくれました。

ステージ上のNicによるエレキビオラ演奏を、マニピュレーターのJohnがサウンドデザイン。

「ミニマル・ミュージック(Minimal Music)は、音の動きを最小限に抑え、パターン化された音型を反復させる音楽。現代音楽のムーブメントのひとつ。1960年代から盛んになった。」ウィキペディアより

日本では能の音楽が類似をしていると言われていますが、映画音楽の巨匠、久石譲や坂本龍一が第一線でミニマムミュージックを牽引しており、小澤征爾を叔父に持つ小沢健二も5枚目のアルバムで取り組んでいたような・・・。

NicとJohnの織りなす音世界に聴き入る国立音楽院パラダイスホールの観客

NICは、ミニマル・ミュージックの祖と言われるTerry RileyやSteve Reichの曲をアレンジして演奏していましたが、弓を振ると鳴る「ヒュッ」という音をループして重ねた即興的なパフォーマンスを混ぜながら曲を組み立てていくスタイルは、音響を担当したJOHNのマニピュレーターとしての精度の高い技術があっての二人三脚の音作りが織りなすサウンドは専門性に特化した完璧なCreative Livesでした。

来場者も幼稚園から高齢者まで幅広い層のお客様が集まりましたが、さすがに小学生には難解であったか・・・ライヴを聴きながら完全にスリープモードでしたw

シンプルだからこそ難解であるミニマル・ミュージックは、色々な音楽を聴いていると行きつく一つの場所であるようにも感じますし、音の反復と展開のなかでトランス状態に入るような感覚は、音楽が持つ畏敬の念を呼び覚ます本質を表現しているようにも感じます。

そんな感覚をCDではなくライブで味わった高揚感は久しぶりに悦に入る最高の時間を過ごしました!!!

 

文章:教務部 島田

Nic Pendlebury Profile

NIC PENDLEBURY

Nic is Head of the String Department at Trinity Laban Conservatoire of Music and Dance where he leads one of the most vibrant string departments in Europe. Embracing a student cohort from around the world his staff includes many of the countries leading musicians. As well as his educational and managerial responsibilities he conducts several of the conservatoire orchestras and ensembles including Trinity Laban’s String Ensemble. With them, he has given performances both nationally and internationally including the Ljubliana Festival, Italy’s Emilia Romana Festival, Conciertos de las Velas in Peraza Spain and at the Dartington International Summer School. The group has also participated in collaborative projects with Chetham’s School of Music, Wells Cathedral School, and the Yehudi Menuhin School. They have performed with many renown soloists including oboist Nick Daniel, clarinetists Dimitri Ashkenazy and Darko Brlek, pianists William Howard and Helen Reed, violist Rivka Golani, organist David Titterington and jazz saxophonist Julian Arguelles with whom they recorded the critically acclaimed album As Above So Below.

Nic is also the founder and violist of the internationally acclaimed Smith Quartet renowned for their performance of new music and prize winners of the Prudential Award for the Arts. Now into their third decade, they have collaborated with many of the worlds leading musicians including John Adams, Steve Reich, Terry Riley, David Tannenbaum, Andy Sheppard, Django Bates the rock group Pulp and dance companies Siobhan Davies and Shobana Jeyasingh. They regularly perform in many of the worlds most prestigious festivals and leading concert halls. The Smith Quartet record for Signum Classics their first three albums receiving worldwide acclaim. As a violist and a conductor, he has worked with many of London’s leading orchestras including London Mozart Players, English Chamber Orchestra, London Sinfonietta, English Sinfonia, Orchestra of the Royal Opera House, Royal Philharmonic Orchestra and the Philharmonia Orchestra. The more observant viewer may also have seen Nic playing the part of a ghost in Anthony Minghella’s film Truly, Madly, Deeply.

 

(Conservatoire of Music and Dance Web Siteより引用)

https://www.trinitylaban.ac.uk/study/teaching-staff/nic-pendlebury

国立音楽院 LINEからお問い合わせ

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容をタップしてください。