写真:リトミック

寮・下宿のご紹介

イベントスケジュール

学費支援システム

専門部

Short Program  専門部(1年コース)
社会人コース/中高年コース/Wスクールコース/音大生コース〜Diplomaコース/
技術コース(ピアノ調律・ヴァイオリン製作・ギタークラフト リペア・管楽器リペア・音響デザイン)

自由な時間を活かして、好きな音楽を趣味から深めてみたい、得意な音楽を仕事にしたい、音楽をこれからの豊かな人生の糧にしたい...そんな方にお奨めできるのが、この専門部です。本科生(2年間コース)と同じカリキュラムから、何科目でも自由選択できるシステムです。

入学時、必ずしも音楽の経験は問いません。むしろ、音楽が好きでやってみたいという天性、これまでの仕事や人生の経験、更に杵柄を大切にして音楽に活かしていただければ、様々な可能性が開けてくるものです。国立音楽院専門部は、1年間コースです。本科生(2年間コース)と同じカリキュラムから、自由選択できるオープンシステムです。

窶「履修期間は入学月より向こう1年間とします。
窶「専門部の各規定に合格した学科生には、卒業時に「国立音楽院専門部修了証」が授与されます。
窶「専門部修了後、2年制の本科に編入が可能です。

国立音楽院の10の特徴

  1. 入学資格は「音楽を学びたい意志のある方」 : 年齢、経験不問です。入学試験はおこないません。
  2. 授業形態はオープンシラバス制: 自分にとって好きな科目を自由に選び学べるシステムです。
  3. 活気に満ちた学校です: 年末年始以外は無休で年齢幅が広く和やかで安心感が一杯です。
  4. 主婦や社会人、大学生のダブルスクール: 大学生の場合、卒業までに資格を取得すれば、就職の心配は不要です。
  5. 短大生の通信制サポート: 自由が丘産能短期大学の教育交流校として、「短大併修制度」を導入。
  6. 50にもおよぶ練習室、スタジオが完備: 自分のレッスンや授業時間以外も練習のし放題。オアシスのようなサロンでは自由なレッスンやラウンジパーティーなどを開いています。
  7. 一流ホール借り切りのコンサートや KMAパラダイスホールでの自主ライブに出演できます。
  8. 進路相談係が親身にサポート: 幼児リトミック、音楽療法、吹奏楽トレーナー、シニアリトミック&ミュージックサロン、プレイヤーなどの仕事開発も盛んです。
  9. 国立音楽院修了後 Trinity College of Music への音楽留学の道が開けています。
  10. 中等部: 天性は若ければ若い程天才に育つ。
       高等部: 18歳までには希望のプロになる。
       ※高校資格は通信制  高校との連携でらくらく卒業できます

Point of Lesson
専門部の特色【科目の自由選択=オープンシラバス】

自由選択制

自分にとって本当に好きで学びたい科目を、カリキュラムの中から、自由に選択できます。個人の希望、目的、意志に応じて、自己選択できる範囲と可能性が広がります。

選び直しOK

最初に選択した科目が自分の意に添わないと判断されたなら、他の科目を自由に選び直して下さい。また、一旦決められた科目の曜日や時間帯が何かの都合で以後出席できない場合は、他の曜日・時間帯に振り替えてもかまいません。

編入も可能

学年途中で、2年制の本科(専攻学科)に移りたいという希望があれば、編入が可能です。学費は、本科との差額を納めて下さい。

土曜日・日曜日集中

授業社会人の方、平日通学することができない方に配慮した、土曜日・日曜日隔週2時間授業を行うなど、授業を合理的に集中履修できるようにしています。

さまざまなライフスタイルに応じた受講制度

本音楽院では次のような事情でも勉強できる環境を整え、他の学校では学べなかった方を多数迎えております。音楽をやりたい気持ちがあれば、できることは多いのです。

  1. 週1日しか通学できない。
  2. 土曜日または日曜日しか通学できない。
  3. 月1回、または月2回しか通学できない。
  4. 午前中のみ、午後のみ、または夜間しか通学できない。
  5. 通学できる曜日・時間が不定期。
  6. 九州、東北などからの遠距離通学。※盛岡、秋田、浜松、名古屋、大阪の各市、福井、富山、宮崎、福岡の各県から、また台湾からの通学の実例があります

輝く先輩・卒業生の声

専門部先輩:中条 舞子

2012年 3月卒業

中条 舞子

好きな事を思いっきり学ぶ priceless な時間が欲しいと、6年半勤務した会社を退職し国立音楽院に入学。以前より趣味で続けてきたエレクトーンを中心にDTMや音楽理論、ソルフェージュ、クラシックバレエにも初挑戦するなど今まで学んだ事のなかったあらゆる角度から音楽を学びました。1年が経ち、本当の意味で音楽を楽しめるようになったと思います。間違わずに弾こうとひたすら楽譜を追うという概念を捨てて、自由に音楽で遊べるようになりました。空き時間には友達と即興セッションで遊んだり踊ったり、調子にのるとエアギターやエアドラムもします。ここで出会った偉大な先生方や愉快な音楽仲間はこれからもずっとかけがえのない宝物です。また社会人に戻りますがここで出会った仲間と音楽を永遠に愛し続けていきます!

専門部先輩:小山 大地

2012年 3月卒業

小山 大地

私は文系の大学を卒業後、新卒入社した会社で4年弱社会人として働き、その会社を辞めてKMAに入学しました。この学校を決めた大きな理由は大きく三つあります。一つ目はオープンシラバスで、専門部でも自分の頑張り次第で目一杯の授業が取れること。二つ目はジャズの本格的な勉強をしつつ、音楽療法とリトミックの勉強もできること。三つ目は入試が無いことです。今はプロのジャズピアニストになることを目標にしています。KMAには様々な人がいます。毎日3階の練習室で夜9時まで練習する人たち、学校外での実習を頑張る人たち、土日だけ来る人たち・・・。学科も楽器も年齢、バックグラウンドもバラバラです。ここでの学びと出会いを大切にしながら、前に進んで行こうと思います。

専門部先輩:菅野 梓

2009年 3月卒業

菅野 梓

新たな出会いと、生まれ変わった自分自身に充実感 窶私は現在、地元山形県でボーカルインストラクターと訪問介護、そして若返りリトミックの指導員をしています。またNPOラポールミュージックセラピーの若返りリトミック講師として月1回、東京でもセッションをさせて頂いています。山形県で「音楽の仕事を続けたい」と思い、高齢者を対象とした歌の指導法などを探したところ、「若返りリトミック」に出会いました。山形県からの遠方通学になるため、月1回のみの授業受講に不安がありましたが、私と同じく遠方からの先輩で資格を取得され、現在それを生かして活躍をしている方がいらっしゃると聞き、入学を決断。毎回授業の遅れを取り戻すのが大変でしたが、通えば通う程若返りリトミックの深さを学べ、素晴らしい先生方や音楽仲間との出会いもあり、気付けば楽しみながら通う自分がいました。現在、同期の頼もしいピアニストさんと都内で現場を持つ事ができ、ご一緒して4年目になります。このような新しい出会い、生まれ変わった自分に自分自身が驚いています。毎月の東京通いは正直大変ですが、それ以上の収穫があります。そして山形県での仕事にも張りがでてきます。音楽が好きという気持ちから行動を起こし、本当に良かったと思います。行動を起こした分、出会いや得るものが必ずあります。皆さんもぜひ、音楽の素晴らしさをたくさんの人達に伝えて下さい。

専門部先輩:山縣 真梨子

2010年 3月卒業

山縣 真梨子

国立音楽院との邂逅 窶現在の音楽活動は、指導講師の先生との出会いがきっかけで、私自身のカルテットを組み、1年半活動した現在、第一弾のCDを制作するに至っています。またNPO法人活動の一環で、福島の仮設住宅での演奏もさせていただく機会もいただいています。現在は、アマチュアビッグバンドに参加したり、外部の音楽家研修で諸先生方との交流がご縁で、演奏の仕事やバンド指導の仕事もいただくようになりました。ライブ活動のなかで演奏スキルを向上させているところです。国立音楽院では、とにかく気になる授業を履修しました。専門部は1年間ですので、何を学んで、自分はどう進んで行きたいのか見定めることが目的だと考えていたので、後期は作曲編曲系の授業のみに絞り、集中して取り組みました。1年間は本当にあっという間です。この国立音楽院で「これを学んだ!」と自信をもって言えるものを一つ持って卒業して下さい。また、同志を見つけることも大切な学校に通うメリットです。是非、人のつながりも大事にされてください。一生、好きな音楽を続けていきましょう。

専門部先輩:松島 裕子

2011年 3月卒業

松島 裕子

「音楽」を通して人とつながること 窶私は音楽大学を卒業後、公立の中学校や特別支援学校で教員をしており、在職中から「音楽療法」には興味がありました。特に特別支援学校に勤務している時、言葉でコミュニケーションがとりづらい生徒も「音楽」を介してコミュニケーションがとれることが多々あり「音楽」の持つ力の素晴らしさをもっともっと探求していきたいと 思っていました。専門部に入学して「若返りリトミック」という高齢者対象の「音楽療法」や「幼児リトミック」に初めて出会いました。音楽療法の現場で役に立つ多岐にわたる授業が設定されており、私は、元来の好奇心旺盛な性格も手伝って、さまざまなことを学びました。卒業時に「KMA賞」を頂いたことも大きな励みとなり、現在、高齢者施設でのセッションや障がい児・者施設でのセッション、幼児リトミックのピアノ担当等、音楽活動を通してさまざまな人々とつながる生活をおくっており、毎日がとても充実しています。国立音楽院に出会い、私がずっと目指していた『「音楽」を通して人とつながること』を実現しました。

 

2012年3月卒

和田 智美

音楽療法を学びたいと思い色々と専門学校を探しましたが、家の近く(富山県)に音楽療法系の学校がなかったため、遠方ではありましたが国立音楽院の専門部に入学しました。「仕事をしている」「遠方から通っている」という理由から、土日のみ学校に来て授業に参加しています。学びたいと思っていた音楽療法の授業はもちろん、フィンガートレーニングやコードといったピアノに関する授業も受講し、更にはクラシカルピアノの実技レッスンをマンツーマンで教えて頂いているので、土日しか参加出来なくても充実した学校生活を送っています。大変なことも多々ありますが、好きな音楽を自由に学べるので入学して良かったと思います。

 

2012年 3月卒業

佐藤 仁美

1年で学べる量は限られていると思ったので、今まで出来なかったことや、少しでも興味を持ったことは出来る限り受講しました。その中で、実際授業を受けてみて楽しさに惹かれた「幼児リトミック」。現場実習を終え、4月からはピアノアシスタントを受け持つことになりました。思わぬところでやりたい事が見つかりました。この1年で多くのことを学び、たくさんの人と出会いました。大変なこともありましたがとても大切なものを手に入れたと思います。短いと思っていましたが、とても充実した1年でした。

 

2012年 3月卒業

早乙女 知穂

私は、学校から約2時間ほど離れた地方に住んでいますが、近くに音楽療法を学べる学校がありませんでした。色々な学校を調べる内に、国立音楽院に辿りつきました。この学校は、自分にあった時間の授業を選択出来るので、遠くても無理なく通学出来ました。また専門部で1年間勉強して、卒業してから実習に時間が費やせるので、専門部を選んで良かったなぁと思います。授業を毎日入れていなかったので、授業のない曜日はボランティアや実習をしていました。将来は幼児リトミック指導員と音楽療法の両立を目指します!!

国立音楽院ではいきいきと音楽に励み、専攻学科や年齢の隔てなく、年末のコンサートに向けての練習に楽しむ学院生達の歓声に溢れています。そんな学院生達の近況、学内外のトピックスをお伝えするラポール34号が刷り上がりました。ご希望の方にはお送りいたしますので、是非ご一読下さい。 詳細・PDF無料ダンロードはこちらから

学校見学会

資料請求

入学、学校見学、資料請求に関することなど、
お気軽にお問い合わせください。

学費ローン、新聞奨学生など学費支援制度も多数ご用意しております。
転入学、編入学に関してもお電話でご相談いただけます。

0120-987-349

国立音楽院

〒154-0001東京都世田谷区池尻 3-28-8
Tel(携帯・PHS):03-5431-8085
Fax:03-5430-8020

国立音楽院 南部校

〒683-0322鳥取県西伯郡南部町阿賀 314-3
Tel: 0859-66-6139
Fax: 0859-66-6140