国立音楽院

2019年02月17日

ビブラフォンのモーター修理・調整も学内で実施!

  • ウインドオーケストラ科
  • ドラムカスタマイザー科

国立音楽院では年度末へ向けて様々なコンサート・発表会・ライブイベントがありますが、本番へ向けた練習~本番と(当日は運搬などもあり)学院生達とともに活躍する楽器達。

使われる頻度が増すとなかなかメンテナンスの時間が取れずに(応急処置は施されつつも)かわいそうな状態になっていたビブラフォンを修理・調整しました!

ガムテープでぐるぐる巻き。。。
上部に取り付けられたモーターも結束バンドで取り付けられていました。。。

モーターも調子が悪く演奏にも支障が出てきてしまっていました。

国立音楽院には日本唯一のドラムカスタマイザー科をはじめ吹奏楽の楽器修理でも大活躍の管楽器リペア科など様々な楽器製作・修理の学科や工房があります。

なおせるものは学内でパッとなおしてしまおう!
という事で、打楽器メンテナンス講座などでお馴染みのKMAリペア工房・石井さんが対応!

こちらが石井さん。(写真は打楽器メンテナンスの様子)

まずはガッチガチに貼り固められたガムテをはがしました。

ここがぐらぐらしちゃっていたんです。
安定しないとモーターの回り具合など演奏面にも影響が出てしまいます。

かと言ってガッチガチに固定してしまうと運搬時に分解できず困ってしまうんですよね。
ドアを通過できない、運搬のスペースが大きくもってかれてしまう、など
地味ながらも「困るポイント」が色々と積み重なってしまい。。。これはストレス!!

今回は管楽器リペア科の在校生もお手伝いで参加。
様々な楽器の修理対応を実際に体験できると勉強になりますね♪

無事に分解できました!

これが今回不具合の出ていたモーター部分。
結束バンドで応急処置的に本体と繋がれていましたが、しっかりスッキリ。
綺麗におさまりました!

こちらがモーターのコントローラーを固定するためのプレートになります♪

こちらのコントーラー部分も、しっかりスッキリ。
綺麗になりました。安定感もバッチリ。

鍵盤部分を連結する紐も新調。

一人でやると結構大変。

こんな感じで通していきます。

完成!
見た目もスッキリしただけでなく、演奏面にも良い状態になりました(^^)♪

 
 

ライター:山P