チャットで資料請求・学校説明会

国立音楽院

2021年08月19日

世界初演コンサート!「あたらしい風#5」特集

  • 作曲アレンジ科

誰でも作品出展参加のチャンス

オーケストラで使われる楽器一つ一つの知識を丁寧に学び、弦楽四重奏のアレンジ実践~演奏実演~レコーディングを経て、最終的にはオーケストラ曲を書き上げていく作曲アレンジ科の授業「オーケストレーション」。その集大成となる作品世界初演コンサートがあたらしい風です。

作曲アレンジを学んでいても、主席クラスでなければこうした世界初演コンサートの機会に恵まれるチャンスはなかなか普通ありません。国立音楽院では弦楽四重奏の実演をはじめ、こうした貴重な経験となる機会が履修生の皆様には用意されています。

今回の「あたらしい風」はシンガーソングライター講座やロック&ポップス関連授業を多く手掛けるオータケハヤト先生から多くを学んだ卒業生のシンガーソングライター山田天爽さんのオリジナル曲を、ピアノ調律科2年在学中の松井琴弥さんがオーケストラアレンジするという、学科の枠を超えた国立音楽院らしい出展作品も見どころのひとつ。

「オーケストレーション」の授業を受け持ち、本公演の主催でもある大曽根浩範先生や前述のオータケハヤト先生をはじめ、作品出展している皆様から頂いたコメント特集記事をまとめてご紹介致します。

「あたらしい風#5」インタビュー特集:大曽根浩範(作曲家・楽曲指導)

「あたらしい風#5」インタビュー特集:真柄雄(作曲)

「あたらしい風#5」インタビュー特集:永井徳子(作曲)

「あたらしい風#5」インタビュー特集:宇梶俊雄(作曲)

「あたらしい風#5」インタビュー特集:オータケハヤト(指導)山田天爽(作曲)松井琴弥(編曲)

 

生演奏の魅力と新たな音楽の気付き

譜面やPCを使った作編曲(DTM・DAW)では見えなかったもの、それが生演奏では新たな景色として広がるという経験になります。

新型コロナウイルスの感染状況はまた未曽有の事態となっているため、開催の是非を何度も問いながら今回の開催決断となりました。ご来場人数は元々の1/3以下に抑え、感染予防の基本となる消毒や検温体制を整え、準備を進めています。

体調に少しでも異変がある方、身の回りに体調不良の方がいる方は恐縮ながら入場をお断りさせて頂く事があります。

限られた人数しかご観覧頂けない事はとても残念ではありますが、ご来場頂く事ができる皆様におかれましては、その場でしか味わえない生演奏の魅力とともに世界で初めて演奏される作品の数々をお楽しみ頂けましたら幸いです。

公演情報

■日程 2021年8月22日(日)

■会場 としま区民センター多目的ホール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目20−10

■開場 18:00 / 開演 18:30
■料金 2,000円(全席自由)

★主催:HIROMUSIC
★協賛:国立音楽院
★後援:(一社)日本作曲家協議会 / 東京藝術大学音楽学部同声会
★協力:ヴェンティノーヴァ管弦楽団

————————-

お申し込み・お問い合わせ

https://www.kma.co.jp/event-reserve/?post_id=19472

国立音楽院
へのお問い合わせは
LINEが便利!

LINE
LINEで友達になる 拡大表示

LINEにてお友達登録をいただければ、
カンタンにお申し込みできます。
友だち登録後にご希望のお問い合わせ内容を
タップしてください。

友達追加をした後は、気になるメニューを
押してみて下さい。
気軽な情報収集のほか、直接メッセージを
コメント入力欄に打ち込んで頂ければ
担当スタッフよりご返信させて頂きます。
進路相談や社会人通学など、何でもご相談下さい。
パンフレットやホームページだけでは
わかりにくいところまで様々な情報発信をしています♪